デルンの一般公開

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲12年(2018年)
11月05日 19:13
下描き希哲11年(2017年)
10月31日 01:31
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

希哲11年10月30日頃から本格的に検討しはじめる。

昨年の同じ時期に鳴体主義経営に転換し,1年間の努力を通して現状の描出による広告効果の限界を把握しつつある。また,この5年で十分に競合企業を引き離している。

これらを踏まえ,デルンの一般公開による集客を目指すことの是非を考える。課題は,未整備部分と収益化の手法。

希哲11年11月1日一年計画始動に伴い作業開始を決定。「定員制無償公開」とする。狙いは,用者による献典強化,それによる月庭への集客,広告収益の増加。用者向けの直接的な広告効果には疑問が残るが,閲覧者向けの広告は規定路線であり期待出来る。いずれにせよ両方の可能性を見極める。定員制とすることで運営費の超過を防ぐ。

希哲12年11月1日暫定一夜革命宣言をまとめながら12月1日の公開を正式に決定。公式にデルンの一般公開予定日が決定したのはこれが初めて。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha