差別化

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲11年(2017年)
11月01日 18:20
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

希哲館訳語を考えていても思うが,やはり今の日本の情技(IT)業界の問題として,日本人開発者日本語的に不自然なものを作ってしまう,だから外国製品に対して言語的親和性差別化出来ていない,というのは間違いなくある。国内ですら支持を固められない。

=}{*}

ちなみに,Twitter でも宣伝を始めていて,こことは違って極力親しみやすいように差別化している。信じられるだろうか。これが「世界初の実用的な知能増幅(IA)技術」の驚異的擬態である。

https://twitter.com/Dlt_jp

=}{*}

さえ注ぎ込めば良い柔品ソフトウェア)が出来るなら,大企業プロジェクト成功しているはずなので,一人で普通に働いて稼げる程度の優位に立つことは出来ない。時間だけがあなたの仕事差別化するのだ。

=}{*}

ただ,そういう日本人気質というのは,私にはむしろに見える。日本人口からいって米中のような「数撃ちゃ当たる」式で勝負するのは悪手なので,何か一つ新しい分野を開拓して,そこに集中しないと差別化出来ない。

=}{*}

結局のところ,人口国土など「量的国力」がものをいうようになっているのは,国の産業が差別化し辛くなっていることを示唆している。産業の広模(コモディティ)化。ここでいかに「真似できないもの」を作れるかが,量的国力に限界がある日本にとっての死活問題。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha