希哲12年11月28日

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲12年(2018年)
11月29日 01:16
下描き希哲12年(2018年)
11月28日 00:30
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

顔が随分ほっそりしたように感じる。の症状が激しくなってから昼食を簡素にしたり,夕食の刺激物を控えたりしている影響か。

面倒臭がってずっと体重計を使ってこなかったが,見た目で太った痩せたと言っていても仕方ないので体重の記録も始めることにした。今日は約56kgだった。

剃刀と肌の手入れ

以前購入した剃刀の最後の替刃がそろそろ駄目になってきている。大きな問題は無いが,微妙に剃刀負けが気になるため同銘家より肌にやさしい製品を注文した。

また,肌の手入れ(スキンケア)を本格的に考え始めた。洗顔の習慣から見直すか。

一覧

=}{*}

研究者の強い国と経営者の強い国,というのがある。日本は前者,アメリカは後者だ。IT でも,TRON や初期のシグマ計画など日本にも理論的に高度なものはあった。ただ,それを在野で泥臭く実践していく文化に乏しい。日本では,技術者が失敗すると「社会に潰された」で終わってしまう。潰されない力を付けよう,とはなぜかならない。

=}{*}

そもそもなんて,子供の時に思っていたよりずっと幼くて馬鹿なものだ。そりゃ,子供を作ったくらいで人生が分かれば釈迦キリストもいらないわけだ。

=}{*}

ゲノム編集が話題だが,昔,「キラキラゲノム」という言葉を造ったことがある。親が望むように子供をデザイン出来る,というだけでは分かりにくい胎児の優生学的選別の問題を,いわゆる「キラキラネーム」になぞらえて想像しやすくした表現だ。

=}{*}

私は子供の教育に良い面をほとんど持っていない人間だが,自由研究の模範なら見せられる。

=}{*}

ときどきふと思うことだが,私は不思議な生活をしている。別に誰から頼まれるでもなく,生きていくのに必要なわけでもない,いやむしろ破滅する可能性すら小さくない希哲館事業のために,自分で目標を設定して毎日努力している。この目的意識と自律精神の高さはちょっと自分を尊敬してしまう。

=}{*}

そういえば,昔使っていた「紙」って Windows アプリ,今どうなってるのか気になって作者のサイト見てみたら,あの味のある和風サイトからは想像も出来ないような,イマドキの(無個性といえば無個性な)スタートアップ企業風のサイトで活動しててちょっと笑った。Scrapbox を開発してるところというのもちょっと面白い。

=}{*}

日本の IT 業界は「後追いと話題作りの業界」から卒業する必要がある。

=}{*}

この種のサービスを「ハイパーメモサービス」(HMS)と呼んでもいいかもしれない。

=}{*}

日本人の「記録好き」な性格を考えると,そのメモサービスで最初に大成功する企業が日本から生まれたとしても不思議ではない。

=}{*}

Scrapbox に感動しているあなた。メモサービスの可能性はもっと先にある。

=}{*}

予言しておくが,検索ソーシャルに続いて大きなインターネット企業を生み出す分野は「メモ」だ。しかも穴場

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha