意味付け論組

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
03月17日 19:37
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

知番付け識別子(knumbered identifier)による世界に先駆けた意味付け論組(semantic programming)の実用化,ということを語る時に避けて通れないのは,これがクヌース文芸的論組をいかに更新しうるか,ということだ。

=}{*}

偶然重なっただけだが,Apple の新製品や GoogleStadia より,希哲社意味付け論組セマンティック・プログラミング)の方が技術的な革新性はあるというのがちょっと面白い。

=}{*}

=}{*}

大事なお知らせ。つい一昨日思いついた知番付け識別子(knumbered identifier)という技術と で,今日から世界に先駆けた「意味付け論組」(セマンティック・プログラミング)の実証実験を始めることになった。

=}{*}

そしてこれは,デルンデライトKNEST(knower easy state transfer)API を利用した技術の一環,ほんのはじまりに過ぎない。我々人類は,これから知機(knower)によって「意味符号化」という究極の技術を手にするのだ。

=}{*}

この技術は,世界初の実用的な「意味付け論組」(セマンティック・プログラミング)の嚆矢となるだろう。特に,文書化リファクタリングにおいては飛躍的な進歩を遂げたと言える。

=}{*}

端的に言って,いまここで起きていることは「意味付け論組」(セマンティック・プログラミング)の確立という,情報工学史上有数の大革命である。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha