Synx シェル函数

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
01月11日 22:59
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

Synx シェル函数sift() を追加した。任意の引数の先頭から指定した数の引数を削除して出力する。非破壊的で,shift を使いたくない時に使う。英単語〈sift〉には「ふるいにかける」という意味がある。

=}{*}

希哲館 Unix 拡張標準こと Synx の「Synx シェル函数」として here() を導入する。挙動に一定の整合性が欲しいので,source で読み込まれた場合,$PATH を使った場合にも対応する。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha