希哲12年11月26日

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲12年(2018年)
11月27日 00:08
下描き希哲12年(2018年)
11月26日 17:34
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

今日は開発作業が捗った。

これまであちこち手を付けては中途半端にしていた様々な要素が,デライト離立という明確な目標に向けて結束しつつある。公開日程はかなり厳しいものがあるが,どうなるにせよ,この過程そのものに大きな意義があると感じている。

また,以前考えた知番譜類式のパスワード管理を実践し始めた。安全性に若干の不安があるものの将来的に改善可能であり実用性が高い。パスワード管理はこれまで煩雑な状態を放置していたため大きな前進となる。

一覧

=}{*}

デライトがすぐに成功する可能性は感覚的に1%程度だろうと思っている。しかし,これが数千京円の富を生み出す宝くじだと思えば,こんなにおいしい話は他にない。

=}{*}

命知らずとしか言いようがない。

=}{*}

日本から世界に誇れる IT 企業を生み出したい,という思い……にしては無茶し過ぎだな。これだけの無茶はまずまともな日本人には出来ない。

=}{*}

デルンという切り札(キラーソフト)のみならず,論組(プログラミング)言語応司(OS)までひっくるめて開発を進めてきたが,流石に10年ちょっとではまとまらなかった。

=}{*}

別の言い方をすれば,まだ始まってすらいない日本の IT 業界がようやく世界に向けて一歩踏み出す大事件になるのです。

=}{*}

デライトが思惑通りに成功すれば,希哲社日本から生まれた最初の本格的な IT 企業になる。GoogleApple などに引けを取らないという意味で。

=}{*}

希哲社が名実ともに「日本初の IT 企業」となれるかどうかがデライトにかかっている。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha