情報発信

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲11年(2017年)
08月25日 17:56
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

結局,SNS の問題って情報蓄積に向いていない,というところにあって,そうなると情報発信の主たる引煽インセンティブ)が「いかに瞬間的に注目されるか」になってしまう。

=}{*}

=}{*}

ただ,希哲館秘密主義的な方針を見直し,積極的に情報発信するようになったのが昨年なので,この内容で広報歴1年と考えると色々凄いな。

=}{*}

私がなぜ SNS に依存せず,独自の技術と立場で情報発信をしているのかといえば,SNS の構造上,一定以上の複雑さを持った情報を共有したり,クラスタの垣根を越えた交流が難しいから。SNS での発信力を追求すると,どうしても特定の層向けに,単純化した言説を発信することになってしまう。これが社会分断の原因になっている。そこからの脱却が必要。

=}{*}

7年前にデルンの実用化をする前,本当に記録を残したり発信したりするのって大変だったな,と思い返していた。そう思うと,今とんでもないことを実現しているのだが,これを伝えるのにここまで時間がかかるとも当時は思っていなかった気がする。

=}{*}

そこで情報発信持ち辺(モチベーション)を,「伝える」ことから「知る」ことに変えてみよう,というのがデルンの画期的なところだったのだと思う。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha