module

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲12年(2018年)
03月31日 20:13
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

ただ,2020年でも遅いし,全面移行が2023年となると,流石にもう手遅れ感が否めない。module で提供されるライブラリが一般化する頃に C++ が求められる言語かというと……10年遅かったと思う。

=}{*}

いまさら C++ をいじりまわすのが良いとは思わないが,引括(インクルード)という極めて原始的な仕組みに依存しているのはやはり問題だ。この点, では魔法引括(マジックインクルード)という機構でかなり合理化を進めたと思う。

=}{*}

最近, でも模従(モジュール)という概念を考えていたのだが,そういえば C++ でも module が導入される頃なんだな。内容は結構違うが。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha