名称空間

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲13年(2019年)
03月16日 00:52
下描き希哲13年(2019年)
03月15日 23:09
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

希哲13年3月15日〈namespace〉の改訳語として試験的採用を決めた。

魔法引括における通称化の概念化に伴ない,「名称展開」を用語化する過程で考え始めた。

一覧

=}{*}

希哲館訳語の主な焦点は,翻訳されずに放置されているカタカナ語の翻訳にあるのだが,定着してしまった悪訳の改訳を試みることもある。過去には浮動小数点を「浮点」としたり,最近では名前空間を「名称空間」にしたり。

=}{*}

この前「名前空間」の改訳語として「名称空間」を採用したのだが,C++ 用語の中でも悪名高い「無名名前空間」は では「匿名空間」にしておこう。こういうの大事。

=}{*}

情報技術用語って,初学者にとっては「抽象度が掴み辛い」というのが壁になりがちなので,「名前空間」を「名称空間」にするだけのことにも意義はあるのだと思う。

=}{*}

よし,試しに希哲館では〈namespace〉の訳語として「名称空間」を採用してみよう。

=}{*}

訳語「名前空間」が気持ち悪いのは,「なまえ」という柔らかく日常的な大和言葉と,「空間」という漢語にちぐはぐ感があるからだと思う。導入がぬるっとしているというか,後のせサクサク感があるというか。「名称空間」だと平坦に非日常的な語感でまとまる。

=}{*}

もっと意訳していいなら,「名称域」とかにしたいくらいなのだが,流石に変え過ぎると読み替えが難しくなるので,まずは「名称空間」くらいで良いんじゃないかと思う。

=}{*}

これ,神経質なようだが,これからの情報技術教育を考えると馬鹿に出来ない問題だ。これまでのように,国語が苦手な技術者が触れるだけなら「名前空間」みたいなこそばゆい訳語でも構わないが,例えば普通の学校で子供たちに「名前空間」なんて言葉を教えたら,絶対に拒絶反応を起こすと思う。

=}{*}

ただ,「名前解決」とか,論組(プログラミング)のみならず普及しているし,これを是正するべきなのかどうか。希哲館の翻訳体系をこれから普及させていくことを考えると,ついでに改訳してしまうべきなのか。「名前」と「名称」,読み替えは容易だし混乱するというほどのことでもない。

=}{*}

ところで,「名前空間」という用語,すっかり定着してしまっているが,昔から結構気持ち悪い。たぶん,「なまえ」というのが大和言葉で,機械的な表現に調和していないからだと思う。「名称空間」ならちょっとマシになる。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha