交度

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲13年(2019年)
02月18日 13:18
下描き希哲12年(2018年)
02月21日 21:12
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

希哲12年2月27日,「」からの改訳を決定。交度英語としたとき,略語が「交語」になると紛らわしいか,と思ったが,独語仏語とこの手の略語ではよくあることなので杞憂か。

度は尺度・制度の度。

希哲13年2月18日,「コーディング」の良い訳語が見つからないめこちらで兼用することを検討開始。

一覧

=}{*}

思い入れと歴史のある交度コード)の理腑リファクタリング)って,作業そのものに神経を使うというのもあるが,色々な感情がごちゃ混ぜに湧いてきて,意外にどっと疲れる。

=}{*}

=}{*}

ちゃんと翻訳すれば「柔品開発では理腑交度を整理し論組保守性を維持することが重要だ」と書ける文を「ソフトウェア開発ではリファクタリングコードを整理しプログラムの保守性を維持することが重要だ」と書いてきたのが従来の情技(IT)日本語だ。そりゃ負ける。

=}{*}

7年間保守改良し続けられる交度コード)を書いた自分を誉めたい。技術選択設計を一つでも間違えていたらありえないことだと思う。

=}{*}

私も基本的に交度(コード)は1行80文字に収めるようにしているのだが,これは横に長いと行末から行頭への視線の移動距離が長くなるし,ある程度幅を決めておいた方が文字の表示位置がまとまるので視線移動に無駄が無くなる気がするから。80は経験的に無難な幅と感じるが,科学的な検証はしていない。

=}{*}

今年考えた「交度」(コード,情報の交換尺度)という訳語,改めて良いな。

=}{*}

交度」も捨てがたいのだが……。情報の交換尺度。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha