希哲13年2月5日

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲13年(2019年)
02月06日 00:16
下描き希哲13年(2019年)
02月05日 11:39
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

源頼朝鎌倉入りしたのが33歳だったことに気付き,少し運命を感じた。

運動不足が気になりだし,基礎代謝を上げるためにも陶練を再開した。

一覧

=}{*}

自分の人間としての真価が,何の言い訳も出来ない状況で試されているという気の重さはある。成功すれば世界史上最大の偉業,失敗すれば水の泡。これ以上ない環境を与えられて,これだけ重い「自分次第」もない。

=}{*}

この状況で,時間資金もとりあえずは問題ない。あとは本当に精神力というか,やる気の問題だ。

=}{*}

問題は,この独創性をどう「一般受け」につなげるか,だったのだが,それもデライトで光明が見えたし,いまのところ順風満帆という感じだ。これで商業的成功が伴えば,希哲社はまさに唯一無二の企業として世界に君臨出来るわけだ。

=}{*}

知機 Unix 相互運用標準」ことSynx駒手欄(コマンドライン)環境に関しては,一時狂ったように実験と調整を繰り返していたので,世界で一番快適だと思う。でなければ過酷なデルン開発を支えられないから。

=}{*}

本邦初公開,私の駒手欄(コマンドライン)環境。私が日々どういうイカした(れた?)環境で作業しているか,ほんの片鱗だが解説付きでお楽しみ頂きたい。

=}{*}

=}{*}

なぜ $PROMPT_COMMAND の先頭で変数設定したかったのかというと,駒触れ(コマンド プロンプト)で駒手(コマンド)の実行に失敗した時,通常の $ が赤字で !!$ に変わるというギミックを導入していて,これのために駒手の実行状態($?)を別の変数に保存しておきたかった。これもこれで結構気に入っていたので何とか両立出来て良かった。

=}{*}

trap で DEBUG を捕捉して,何らかの駒手(コマンド)が実行されたことを示すフラグを立てる。$PROMPT_COMMAND で,そのフラグが立っていない場合の処理を書けばいい……のだが,その直前に変数設定を書くとそれでも trap が作動してしまうため空駒手が実行されないという問題にハマった。カウンタにすれば良いのだが。

=}{*}

Bash$PROMPT_COMMANDtrap を組み合わせると,何も入力せず改行した時に実行される駒手(コマンド)を設定出来る。私はこれを「空駒手」(BlanCo: blank command)と呼んでいる。

=}{*}

邦楽の粋を集めたようなプレイリストに混ぜて違和感が無い洋楽って結構限られている。リチャード・サンダーソン《Reality》とか普通に聴ける。

=}{*}

検索していて気付いたのだが,ポール・マッカートニー《This Never Happened Before》って知名度低いのかな。地味で邦楽との親和性が高い曲ではある。

=}{*}

理屈の掃除,という意味で「理掃き」(りはき)というのはやや冒険的だが個人的に嫌いではない。

=}{*}

因子再編」とか訳していたこともあったが,流石に今見ると野暮ったいな。

=}{*}

想品(ソフトウェア)開発において,相振りアプリケーション)の存在は大きい。私が自分で開発した論組(プログラミング)言語応司(OS)になぜここまで揺るぎない自信を持てているのかといえば,デルンによる情報管理がこの上なく強力で,そのデルンを支えている技術だからだ。

=}{*}

そんな単純な現実から,我々は目をそらし続けてきた。これからは「業界総懺悔」で臨む。

=}{*}

日本の IT 業界は変わらなくてはならない。後追い,話題作り,そんなことに明け暮れる業界はもう死んでいるも同然だ。この業界を蘇えらせるには,誰にも真似出来ない,世界を変える技術を創り出すしかない。

=}{*}

学校を出て夢追い人になったら,さして必要がなくても,あえて気楽なアルバイトくらいはしておいた方が毎日健康的で楽しいと思う。

=}{*}

時間というのは不思議なもので,学校仕事に束縛されている時は欲しくてしょうがないのに,いざ一日中好きなように過ごせる日々を与えられると,思ったより使いこなせない。むしろ,だるいと感じることすらある。

=}{*}

最近よく思うのは,日本人の時間の使い方は窮屈過ぎるんじゃないか,ということ。みんな働き過ぎ,勉強し過ぎという感じがする。それは決して悪いことではないのだが,例えば,一日中とりとめのない考え事をしたり,青空を眺めてぼんやりしたりする時間って独創性を育む上で結構重要だと思う。

=}{希哲13年2月5日のツイスト}

=}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha