現代の風穴

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲13年(2019年)
01月05日 22:09
下描き希哲13年(2019年)
01月05日 09:41
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

希哲13年1月5日現代の壁に対して,デライトを喩えた語。

一覧

=}{*}

この日本企業の「構想力不足」に対して,現代的世界観を更新する規模の体系的構想を有している,というのが希哲館事業の優位性でもあったのだが,その反面,現代的常識との乖離が大きくなり過ぎて普及戦略上の課題を抱えていた(現代の壁)。ここに風穴を開けたのがデライトだった。

=}{*}

そこでにわかに舞い降りてきたのがデライトだった。これはいわば,希哲館事業構想という未曾有の巨大構想と現実を繋ぐ「現代の風穴」だった。この閃き以降,ひたすら広大で散漫だった希哲館事業の諸要素が,デライトを中心にぎゅっと引き締まった感覚がある。

=}{*}

結局そこにあるのは世界観の問題,「現代の壁」だ。私はそこに風穴を開けようとしている。

=}{*}

それはもしかすると「現代の壁」を突破する鍵になるかもしれない。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha