天地開発

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲11年(2017年)
07月25日 09:40
下描き希哲11年(2017年)
07月25日 09:31
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

宇田川の造語。

OS に代表される最低抽象層(地)とクラウドに代表される最高抽象層(天)を同時に開発すること。

当初からの希哲社の事業戦略を「天地開闢」にかけた語。希哲11年7月25日考案。

希哲社では,希哲6年デルンの実用化から希哲11年7月5日SLFS への完全移行によって天地開発体制が確立した。

一覧

=}{*}

もともと,10年以上前から希哲社には「天地開発」という戦略があって,ウェブを中心に稼ぎつつ応司(OS)などの盤本プラットフォーム)開発を進めてきた。C++ を基礎にした理由。この時代になって謎の先見性に震える。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha