デライト

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲12年(2018年)
11月23日 16:59
下描き希哲12年(2018年)
11月23日 00:57
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

希哲12年11月23日,用語として正式採用。

デルンの機能を絞り込んだサービス。

情報の「輪郭」を組み合わせて記録する新感覚メモ。

「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

一覧

=}{}

用者体験UX)という観点からのデライトは,その名の通り「よろこび」を根想コンセプト)にしたい。人生を最大限に楽しむための道具。

=}{*}

デライトは,世界で初めて PMF を意識して作られた知能増幅技術,とも言えるかもしれない。

=}{*}

PMF製品市場適合)って,商売としては当たり前なようだが,かれこれ一年近く私がデライトでやってきたことなんだな。

=}{*}

この10月は,希哲館創立12周年11月1日)までにデライト成功させることが出来るかという挑戦が出来る月だ。結果的に,最高機会に恵まれた。

=}{*}

空を自由に飛びたいな」という願望は多くの人が持つし,最先端の技術を注ぎ込めば実現出来ないことでもない。それが実現しないのは,空を自由に飛ぶ必要に迫られる人が少ないからだ。でも,どうしても空を飛びたい奇人が技術開発に成功して,それを無料で配り始めたらどうだろうか?

=}{*}

必要性が低いなら,それに合わせて手軽に,気軽にしていくしかない。という発想でデライトが生まれた。

=}{*}

=}{*}

最近,デライトを売り込むための営業について考えることが多くなったが,その過程で,思っていた以上に自分が傲慢になっていたことに驚く。消費者心理が掴めないわけだ。

=}{*}

デライト,最初はテキストのみの投稿でやっていこうと思う。画像等を扱う仕組み自体はあるのだが,どう考えても今の希哲社マルチメディアを支える体力は無い。テキストのみでどこまで可能性を感じてもらえるか。

=}{*}

逆に言うと,そこに「分かりやすさ」を加えることが出来れば,もう無敵になる。そこをデライトが担っている,という現状。

=}{*}

デライトにも,どういう面白い使い方があるのか,という実演者は必要。扇谷にそれをやらせるのも良い。というか,それしかないかもしれない。

=}{*}

最近のマーケティング論では顧客第一主義は懐疑的に捉えられているが,希哲社はここまで徹底的に傲慢にやってきたのだから,デライトでくらい,用者ユーザー)に徹底的に寄り添う,という姿勢でいいのではないかとも思う。

=}{*}

=}{*}

昨日は天から小さな宝箱が降ってくるで目覚めたが,そういえば,今日の覚醒直前に見た夢もなんだか意味深だった。デライトを見せたら,妙に感動してくれた人がいて,こちらも感極まって泣いた,という夢だった。完全に今の私の願望を象徴している。正夢だといいな。

=}{*}

柔品(ソフトウェア)開発をなめていた,といえばそうだ。デライトをここまで持ってくるのにさえ,自分が思っていたよりはるかに時間がかかった。

=}{*}

デライト,もう後は本当にどこで自分が納得出来るかだな。

=}{*}

=}{*}

デライトも,世の中の大多数の人にとって自然に使えて,一部の人には簡単そうに見えて,実は誰にも真似出来ない技術に支えられている,というところを狙うべきなのだろう。

=}{}

だから私は希哲館というに籠っていれば無敵なのだが,その城が避けて通れると思われたら無視されるだけ。世間を巻き込むには,この城を「要衝」にする必要がある。その鍵がデライト,ということになる。

=}{*}

そういう意味で,デライトは「点火装置」になるのかもしれない。

=}{*}

ライト版デルンことデライト(Delite),最初に考えた名前が「ミニデルン」(Minideln)だったことを思い出して感慨にふける。

=}{*}

このデライトトップページ)と月庭kitetu.com)の扉を見比べてもらえると分かるが,月庭が独自性を徹底的に押し出しているのに対し,デライトは独自性を極力削ぎ,軽常カジュアル)に徹している。この「二刀流」が希哲館事業の武器になっていく,という確信がある。

=}{*}

久しぶりに「テクノロジーとフィロソフィーの結合」という言葉を書いて改めて思ったが,いま私がやりたい事は,「テクノロジーとリベラル・アーツの交差点」と言っていたジョブズ時代の Apple をもっと抽象化したような企業の創出なのだろう。デライトが目指すべきはやはり柔品ソフトウェア)における初代 iPhone みたいなものか。

=}{*}

そんなことをずっと考え続け,辿り着いたのがデライトで,今のところ,希哲館事業マーケティング上の活路をほぼこの一点に見出している。

=}{*}

デルンみたいなもの,一体どうやって普及させるんだ,と頭を抱えていた一年前。デライトのおかげで,今は満更難しいことではないかもしれない,と思える。というか,下手なウェブアプリよりよっぽど触りやすいかもしれない。

=}{*}

デライトには柔品ソフトウェア)としての革新性がある。高度な技術戦略もあり,デザインマーケティング上の達成度も高い。実装があり,実用され続けてきたという意味では所謂ベーパーウェアとも少し違う。まだ世に出せない,ただそれだけが問題だ。

=}{*}

今のデライトでも,長年デルンを使い込んできた私にとっては世界一使いやすい用合いUI)なのだが,公開するとなるとまだ不親切だったりする細かい部分が気になる。デライト再公開は今そんなせめぎ合いの最中。

=}{*}

ちなみに,デライトトップページ)はもうこんな感じで出来ていて,本当にあと一歩というところまで来ている。

=}{*}

=}{*}

デライト前縁フロントエンド),ようやくここまで整理出来たが,本当は午前中に終わらせておきたかった。約12時間ほど作業予定が遅延しており,1日程度の再公開延期は確定的。

=}{*}

デライトはおそらく,一見して物凄く単純司組システム)に見えると思うのだが,そう考えると,世の中にある単純で便利なものって叡智結晶なんだな。ちょっと世界の見方が変わる。

=}{*}

今,長年私がデルンとして使ってきたものを,デライトという誰でも使えるものにする作業をしているわけだが,全てを理解している自分が使うから許されていた不親切さや一見不可解な挙動が色々あるんだなと気付かされる。面白い経験

=}{*}

これは私がデライト開発しながら反面教師として意識し続けていることでもある。とにかく,まだ世界で誰もやっていないことに全力を注ぐ。失敗すれば何も残らない。だからといって恐る恐るでは何も成らない。今の日本には,そういう挑戦必要なのだと。

=}{*}

今の希哲社は,デライトPWA諸場モバイル)に送り込みつつ,ActivityPub分散型 SNS に展開しつつ,という戦略にほぼ全てを賭けている。これが今,日本で一番打倒 GAFAM に近い道だと思っている。

=}{*}

デライトドラッグイメージ問題,ついに完結。ウィンドウ)越えの事象イベント)検知法を考案し,ようやく片付いたかと思ったら DataTransfer 読み取り不能問題というラスボスが立ちはだかった。徹夜で解決したので詳しくはまた後で……。

=}{*}

デライトに関しては,一応ロゴ獲句キャッチコピー)もあり,製品イメージは出来ている。実用性革新性もある。離立リリース)だけがないという歯痒い状況。

=}{*}

=}{*}

デルンは,頭に思い浮かんだことを小さなことから大きなことまで何でも書けて,それを直感に従って入れ子にしていくことで気付くと情報構造化が出来ている,という代物。これを「なんでもメモ」という獲句キャッチコピー)で軽常カジュアル)に売り込もうというのがデライト

=}{*}

最近,デライト柔品ソフトウェア)における初代 iPhone みたいなものを目指しているんじゃないか,という気がしている。

=}{*}

デルンデライトでは,このように「輪郭」の入れ子を自由自在に重ねて情報を組み立てることが出来る。画面にある波括弧で囲まれている語は全て引き放ちドラッグ&ドロップ)可能で,文中から親輪郭・子輪郭に引き入れたり,周囲の輪郭を文中に簡単に組み込むことが出来る。なかなか斬新な用者体験(UX)。

=}{*}

12年前,デルンを実装するならウェブアプリを基軸にすべきと考えて,基礎技術を充実させ,これから前縁(フロントエンド)開発だ,という時には IE が死んでいて,デライトで普及戦略が出来た頃には PWA が使えるようになっている。ここまで来ると「神風」と表現したくなってしまう。

=}{*}

デライト,これから Android アプリ対応も必要なのか……と気が遠くなっていたら,ちょうどここ1年くらいの間に PWA が実用的になってきて,割と簡単に目的が果せそうだ。

=}{*}

デルンデライトが見違えるように洗練されていく嬉しさと,それでもまだか,という焦りとで,何とも言えない気分だ。

=}{*}

ただ,JavaScript 改良言語 νS(ニューズ)とライブラリ Aejs(イージス)はここ一週間で劇的に発展した。これがもっと早くデルンデライトに反映してくれれば良かったのだが……。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha