デライト

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲12年(2018年)
11月23日 16:59
下描き希哲12年(2018年)
11月23日 00:57
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

希哲12年11月23日,用語として正式採用。

デルンの機能を絞り込んだサービス。

情報の「輪郭」を組み合わせて記録する新感覚メモ。

「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

一覧

=}{*}

デライトには柔品ソフトウェア)としての革新性がある。高度な技術戦略もあり,デザインマーケティング上の達成度も高い。実装があり,実用され続けてきたという意味では所謂ベーパーウェアとも少し違う。まだ世に出せない,ただそれだけが問題だ。

=}{*}

今のデライトでも,長年デルンを使い込んできた私にとっては世界一使いやすい用合いUI)なのだが,公開するとなるとまだ不親切だったりする細かい部分が気になる。デライト再公開は今そんなせめぎ合いの最中。

=}{*}

ちなみに,デライトトップページ)はもうこんな感じで出来ていて,本当にあと一歩というところまで来ている。

=}{*}

=}{*}

デライト前縁フロントエンド),ようやくここまで整理出来たが,本当は午前中に終わらせておきたかった。約12時間ほど作業予定が遅延しており,1日程度の再公開延期は確定的。

=}{*}

デライトはおそらく,一見して物凄く単純司組システム)に見えると思うのだが,そう考えると,世の中にある単純で便利なものって叡智結晶なんだな。ちょっと世界の見方が変わる。

=}{*}

今,長年私がデルンとして使ってきたものを,デライトという誰でも使えるものにする作業をしているわけだが,全てを理解している自分が使うから許されていた不親切さや一見不可解な挙動が色々あるんだなと気付かされる。面白い経験

=}{*}

これは私がデライト開発しながら反面教師として意識し続けていることでもある。とにかく,まだ世界で誰もやっていないことに全力を注ぐ。失敗すれば何も残らない。だからといって恐る恐るでは何も成らない。今の日本には,そういう挑戦必要なのだと。

=}{*}

今の希哲社は,デライトPWA諸場モバイル)に送り込みつつ,ActivityPub分散型 SNS に展開しつつ,という戦略にほぼ全てを賭けている。これが今,日本で一番打倒 GAFAM に近い道だと思っている。

=}{*}

デライトドラッグイメージ問題,ついに完結。ウィンドウ)越えの事象イベント)検知法を考案し,ようやく片付いたかと思ったら DataTransfer 読み取り不能問題というラスボスが立ちはだかった。徹夜で解決したので詳しくはまた後で……。

=}{*}

デライトに関しては,一応ロゴ獲句キャッチコピー)もあり,製品イメージは出来ている。実用性革新性もある。離立リリース)だけがないという歯痒い状況。

=}{*}

=}{*}

デルンは,頭に思い浮かんだことを小さなことから大きなことまで何でも書けて,それを直感に従って入れ子にしていくことで気付くと情報構造化が出来ている,という代物。これを「なんでもメモ」という獲句キャッチコピー)で軽常カジュアル)に売り込もうというのがデライト

=}{*}

最近,デライト柔品ソフトウェア)における初代 iPhone みたいなものを目指しているんじゃないか,という気がしている。

=}{*}

デルンデライトでは,このように「輪郭」の入れ子を自由自在に重ねて情報を組み立てることが出来る。画面にある波括弧で囲まれている語は全て引き放ちドラッグ&ドロップ)可能で,文中から親輪郭・子輪郭に引き入れたり,周囲の輪郭を文中に簡単に組み込むことが出来る。なかなか斬新な用者体験(UX)。

=}{*}

12年前,デルンを実装するならウェブアプリを基軸にすべきと考えて,基礎技術を充実させ,これから前縁(フロントエンド)開発だ,という時には IE が死んでいて,デライトで普及戦略が出来た頃には PWA が使えるようになっている。ここまで来ると「神風」と表現したくなってしまう。

=}{*}

デライト,これから Android アプリ対応も必要なのか……と気が遠くなっていたら,ちょうどここ1年くらいの間に PWA が実用的になってきて,割と簡単に目的が果せそうだ。

=}{*}

デルンデライトが見違えるように洗練されていく嬉しさと,それでもまだか,という焦りとで,何とも言えない気分だ。

=}{*}

ただ,JavaScript 改良言語 νS(ニューズ)とライブラリ Aejs(イージス)はここ一週間で劇的に発展した。これがもっと早くデルンデライトに反映してくれれば良かったのだが……。

=}{*}

分散型 SNS,ざっくり100万人以上の人口はあるはずなので,ActivityPub 互換のデライトもそれなりに需要があるはず。

=}{*}

いまだにで取るメモ法みたいなものが重宝されているしな……。まだ革新と言えるほどのものはない。ここにライト版デルンことデライトを投入したい。

=}{*}

輪郭法を実装しようとなった時,ほとんど迷いなく CMS から始めることを選んでデルンの開発に成功したが,その判断が無ければデライトという発想にも繋がらなかっただろうし,私は自分の判断力よりも信じられるな。

=}{*}

しかし,デライトは本当に希哲館事業道標だな……。これに何度救われたか。

=}{*}

これはすでに昨年,デライトとともに理論化したことなのだが,デルンのように「人間情報処理能力を飛躍的に向上させる技術」って,それだけを訴えてもあまり意味がない。そもそも,多くの人は現状以上の情報処理能力を求めていないか,何のために必要なのか理解していないから。そこで自然な動線を作る必要がある。

=}{*}

=}{*}

希哲館事業,全体的に趣向を凝らし過ぎてよく分からないものになっていたので,徹底的に軽常(カジュアル)性を追求するデライトが本当に救いになった。

=}{*}

高すぎる独自性というのは,どうしてもとっつきにくさでもあるのだが,そこを補えるデライト発明で完全な長所になった。つまり,月庭独自性を,デライト軽常(カジュアル)性を,それぞれ極める「二刀流」で攻める,という戦略が完成した。

=}{*}

デライトデルン開発の方向性が完全に定まったのはついこの前だから,デルンの最適化は今がやるべき時なのだろう。早まった最適化は完璧に避けられたようだ。

=}{*}

この7年デルンにとって最大の課題は「どう売り込むか」だった。デルンで飛躍的に情報処理能力が高まるといっても,それを切実に必要としている人にしか訴求しない。昨年,これを気軽に導入出来るメモサービスとしてまとめたのがデライトで,これが最後の鍵だった。

=}{*}

作業が散漫になり始めてもデライトのことを思い出すとすぐ軌道修正出来る。これは素晴らしい生活発工(ライフハック)だ。

=}{*}

やはりデライト印迫(インパクト)が凄かった……。千年かかる仕事を十年にしたと考えたら,希哲館事業推定時価総額を現状の3京円から10京円に更新してもいいくらいかもしれない。

=}{*}

一見,物凄くどうしようもない状況な気がするのだが,私はそれほど悲観していない。というのも,希哲館事業の展望が明るいからだ。少なくともここからは突破口が見えている。デライトは間違いなく成功するし,希哲社は世界史上最大の企業になり得る。そして私は日本を見捨てない。

=}{*}

私も私でデライトを一刻も早く育て上げなければならないし。日本の情技(IT)産業が駄目だと他人事として語っているわけではないので,やっぱり業界の「駄目歴」が一日また一日と重なっていくたびに悔しさがある。

=}{*}

私が思惑通りデライトを成功させ,GAFAM を越える企業に希哲社を成長させた暁には,日本の情技(IT)業界を代表し,「業界総懺悔」の姿勢でこの状況を変える。

=}{*}

希哲館事業収益化という目標は,デライトを整備していけば広告で十分達成可能という見込みが出来たので,これまで「雲を掴むような話」だったのが「富士山に登るくらいの話」にはなった。

=}{*}

論理実装主義知機希哲民主主義ときて希哲館事業の全体像が見えてくるわけだが,構想が巨大過ぎてそもそも普及させるのに百年はかかるんじゃ……というところで知機デルン)に気軽に触れてもらえるデライトの登場。これで希哲館事業構想は完全無欠無敵最強の事業構想として完成した。

=}{*}

やはり,デライトの考案以降,希哲館事業のプレゼン面は大きく改善しているなと感じる。「伝える」ことを意識すると,凝り過ぎ・詰め込み過ぎで分かりにくい表現が多々あることに気付く。例えばさっきの「ブレインストリーミング」だって,思いついた時は面白かったけど理解出来るのは恐らく千人に一人。自分で思っていたほど伝わっていない。

=}{*}

だからこそ,そこに勝機を見出せるということが大きい。希哲館事業デライトで一気に勢い付いた理由。

=}{*}

デライトという発明が本当に大きかったと思うのは,「希哲館事業収益化」と言った時,その手段が明確になったことだ。少なくとも「迷い」は無くなった。目標に向けてひたすら頑張るだけでいい。

=}{*}

実際,デルン的なことを実現するにはかなり多くの課題がある。理論上の問題,さっきも触れた識別子の問題,用合い(UI)の問題,マーケティングの問題……それら全てを乗り越えて爆誕したのがデライトなのだ。ここまで来るのに10年かかったが,なぜ私がこれを大成功だと思っているのかといえば,大学などで50年くらい研究されて実現していないことを知っているから。

=}{*}

希哲社デライトという究極のウェブサービスを先鋒に,こうした革新的プロジェクトを山のように保有している。でなければ FAAMG を落とせるという確信は持てない。

=}{*}

デライトを見れば,Scrapbox がまだその世界のほんの入り口に過ぎないということが分かると思う。その意味でも,やはり私は機会に恵まれ過ぎている。

=}{*}

それこそガラケー対応とかが必要な時代にウェブに深入りしてたら,消耗してデライトどころでは無かったと思う。

=}{*}

実は,メモこそ仮想通貨人工知能の比ではない可能性を秘めた分野だ。というのも,人間の記憶とその相互作用を扱う技術は,あらゆる技術に先立つからだ。これは「人知工学」としてとっくの昔に発見していたことなのだが,デライトが大きかったのはそれを「メモ」という極めて素朴な分野で表現出来ると気付かせてくれたこと。

=}{*}

ウェブサービスでもアプリでも,「メモ」はやはりまだ革新の無い分野だ。クラウド化はともかく,機能的にはせいぜいツリーやタグ,マインドマップ的なものに留まっていて,昔からあまりかわり映えしていない。デライトなら一人勝ち出来る状況。

=}{*}

メモ」関連の Android アプリをざっと眺めたが,デライトと競合するものは今のところ皆無なので目立てる可能性は高い。

=}{*}

もう一ついま想定しているのはデライトAndroid アプリ版だ。無広告版を有料で配信することも考える。Google に登録料・手数料を取られるのは癪だが,広告だと思えば安い。

=}{*}

今月の目標を「希哲館事業収益化」とした。具体的には,デライトで集客し広告の調整を繰り返すことになるだろう。これが制約の多い希哲館事業を財政面で安定させるほぼ唯一の道だ。

=}{*}

ただ,問題はサービス拡大だ。希哲社希哲館の理念として「知性以外のものに依存・服従しない」ため,投資寄付を受けることは出来ない。つまり,ウェブサービスでは当たり前の「赤字たれ流しで拡大」という手は使えず,稼いだ分しか拡大出来ない。

=}{*}

わずか3ヶ月前のデライトの着想によって希哲館事業が劇的に進展したのは疑いようもないことだ。これによって,希哲館事業が持続的かつ安定的に発展する進路が見えた。そしてもうデライトに関しては継続的改善の段階に入った。そう考えれば希哲館事業乗軌化を達成したと言っても過言では無いのかもしれない。

=}{*}

私はふだん訳の分からないことを書いているように見えて,実は自分と世間一般の感覚差というのは結構自覚していて,分かりやすく説明する,というのも得意だ。だから,デルンが画期的な技術であると自負する一方で,その魅力を伝えることの難しさもよく自覚していた。そういう面で自分に厳しかったことが,デライトが行けるという自分の確信を信頼した理由の一つでもあった。

=}{*}

デライト以前の希哲館事業における最大の課題は,「社会との接点をどう作るか」だった。構想規模は大き過ぎ,技術は新奇かつ多様過ぎて,どこからどう現実社会に導入すればいいのか分からないという苦しみがあった。デライトはそこに開いた突破口だった。

=}{*}

それはやはりデライトの着想によるところが大きい。デライトの開発が進むにつれ,これが世界的なウェブサービスに成長するのは時間の問題,という確信が出来た。これはデライト以前の希哲館事業では考えられないことだった。

=}{*}

ここに来て,KNEST(knower easy state transfer,知機簡易状態転送)という概念を作っておいたことがデライトAPI 設計の助けになるか……。

=}{*}

デライトの登録画面を練っていて,乱為(ランダム)パスワードに加える任意の文字列「シュガー」という概念を考案した。 糖衣構文のように用者に優しいという意味と,料理では「塩」(ソルト)よりも砂糖を先に加えることから。

=}{*}

そもそもが文字というのは情報を集約して伝えるための技術なので,その利点を活かすことはこれからの「下剋上」には欠かせない戦略になるだろう。文字なら400字詰め原稿用紙1枚分の出与え(データ)量で,画像なら豆粒のようなアイコン程度しか表現出来ない。

=}{*}

ここがデライトの優れたところでもあって,デライトはテキストだけでも優位性を発揮出来る。画像動画ありきのサービスよりもはるかに運営はしやすく,収益化の敷居が低い。

=}{*}

デライトが一番最初に狙いやすいのは Twitter の地位だ。私自身,両方の利用経験があるがデライトの方がはるかに面白い使い方が出来るし,Twitter がなくても困らない。問題はインフラだ。投資を受けない希哲社では赤字運営を続けられないので,まずは人に集まってもらう,ということが出来ない。

=}{*}

デライト離立(リリース)のこの時期にまた Twitter 脱出の動きが……また運が良いな……と思ったら微妙な理由であまり利用出来そうになかった。戦略上(収益化の都合で),デライトはまずテキストのみで運用するから,絵師向きにはなりそうにないな……。

=}{*}

Aejs がだんだん様になってきた。これで捌き手(サーバーサイド)は 請い手(クライアントサイド)は νS と,世にも珍しいスクラッチ開発サービスになるな,デライトは……。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha