デライト

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲12年(2018年)
11月23日 16:59
下描き希哲12年(2018年)
11月23日 00:57
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

希哲12年11月23日,用語として正式採用。

デルンの機能を絞り込んだサービス。

情報の「輪郭」を組み合わせて記録する新感覚メモ。

「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

一覧

=}{*}

そこで,「新しい神」(人工知能仮想通貨)から「新しい人間」(知能増幅(IA)技術)へ,という問題意識が立ち上がってくるのであり,希哲館はその最先端技術としてデライトを開発している。これが真の意味での「ビジョン」というものだ。

=}{*}

Mastodonデライトが継承する。ActivityPub 対応するくらいの余裕はありそうだし。

=}{*}

昨日は ISO 国家符号(country code)について描出したので,今日はISO 通貨符号について描き出しながらデライトの調整を行っていく。

=}{*}

振り返るにはまだちょっと早いが,今年は何かと幸福だったな。これでデライト成功してくれたら言うことなし。

=}{*}

デライトは,知識全体性が失なわれた現代で,散り散りになった知識を繋ぎ合わせる旅路をゆるく共有出来るサービス,とも言える。

=}{*}

『デス・ストランディング』,意外と面白そう。というか,オンラインの使い方がどことなくデライトっぽい。それぞれの歩いた道を共有する感じかな。

=}{*}

=}{*}

簡単に言えば,今必要なのは「大衆が使っても無法地帯にならない SNS 的なもの」で,私はそれを KNS(knowledge networking service)と呼んでいる。そしてそのためにデライトを開発している。

=}{*}

好奇心旺盛で嗅覚の鋭い初期用者ユーザー)たちが盛り上げてきたコミュニティが後追い用者達によって退屈なものになっていく,というのは昔から言われていることだが,いま正に SNS 自体がそういう状況にあるので,デライトKNS(knowledge networking service)という考え方を普及させるには最良の時期なんだろう。

=}{*}

どんなに遅くても,今月中にはデライト成功させたい。

=}{*}

デライトマーケティング上の進歩は,豊富な希哲館訳語や小難しい概念を徹底して排したところにあると思う。ちょっと変わったメモサービス,というところまで削ぎ落した。

=}{*}

しかし嬉しい発見があった。デライト諸場モバイル)対応にはかなり光明が見えた。

=}{*}

だから,リチウムイオン電池の話にはいろいろ思うところがあった。あれは基礎研究から15年で売れるようになったらしいが,そういう意味でデライトも機が熟しているのは感じている。それだけに歯痒い。

=}{*}

ではなぜ私がこんなにデライト成功を急かしているのかといえば,希哲社がこれを種にゼロから起こした企業だから。大企業大学研究所なら10年や20年芽が出ないのは普通だろうが,これで起業して12年利益が出ていない,というのは単純に経営危機なのである。

=}{*}

人生を賭けて,何か一つ開発するならどんなものが良いか。その問いの果てに,私が考えた最強の柔品ソフトウェア),それがデライトだ。少なくとも理論上ここまで完璧な柔品開発計画は見たことがない。

=}{*}

いずれにせよ,世界史上最大の発明をそろそろ世に出せそうで,そこそこの勝算を持てているという状況に感謝したい。

=}{*}

デライトがいま死の谷にいるのかダーウィンの海にいるのか,というのは微妙な問題だ。もともとデルンの課題として「売ることの難しさ」があって,それと製品化製品市場適合(PMF)の問題は切り離せるものではなかった。

=}{*}

ライト版デルンことデライト(Delite)は「よろこび」(delight)にかけた命名だが,昔々,輪郭法(delinography)の略語を DG にした時,ラテン語〈dei gratia〉神の恩寵によって)の略にもかけていたのを思い出す。結果的に出来すぎた名前に。

=}{*}

=}{*}

柔品(ソフトウェア)産業に革命を起こすにはデライトを成功させる必要がある。いまここ。

=}{*}

吉野彰さんの開発苦労話,デライトに重なるところも多くて色々考えさせられる。ダーウィンの海なんてまさにデライトの課題だったし。

=}{*}

ただ,もしデライトが世界的サービスに成長するのだとしたら,これは必然なのかもしれない。仏教東洋最大の思想体系なのだから,西洋で生み出せないものがあるとしたら,必然的にそこに近付くはずだ。

=}{*}

最近,デルンデライトの基礎理論である輪郭法仏教親和性の高さを感じることが多い。もともと私は仏教哲学に強い関心を持っていたし,影響も色々な形で受けていると思うが,開発していると不思議な気分になる。

=}{}

用者体験UX)という観点からのデライトは,その名の通り「よろこび」を根想コンセプト)にしたい。人生を最大限に楽しむための道具。

=}{*}

デライトは,世界で初めて PMF を意識して作られた知能増幅技術,とも言えるかもしれない。

=}{*}

PMF製品市場適合)って,商売としては当たり前なようだが,かれこれ一年近く私がデライトでやってきたことなんだな。

=}{*}

この10月は,希哲館創立12周年11月1日)までにデライト成功させることが出来るかという挑戦が出来る月だ。結果的に,最高機会に恵まれた。

=}{*}

空を自由に飛びたいな」という願望は多くの人が持つし,最先端の技術を注ぎ込めば実現出来ないことでもない。それが実現しないのは,空を自由に飛ぶ必要に迫られる人が少ないからだ。でも,どうしても空を飛びたい奇人が技術開発に成功して,それを無料で配り始めたらどうだろうか?

=}{*}

必要性が低いなら,それに合わせて手軽に,気軽にしていくしかない。という発想でデライトが生まれた。

=}{*}

=}{*}

最近,デライトを売り込むための営業について考えることが多くなったが,その過程で,思っていた以上に自分が傲慢になっていたことに驚く。消費者心理が掴めないわけだ。

=}{*}

デライト,最初はテキストのみの投稿でやっていこうと思う。画像等を扱う仕組み自体はあるのだが,どう考えても今の希哲社マルチメディアを支える体力は無い。テキストのみでどこまで可能性を感じてもらえるか。

=}{*}

逆に言うと,そこに「分かりやすさ」を加えることが出来れば,もう無敵になる。そこをデライトが担っている,という現状。

=}{*}

デライトにも,どういう面白い使い方があるのか,という実演者は必要。扇谷にそれをやらせるのも良い。というか,それしかないかもしれない。

=}{*}

最近のマーケティング論では顧客第一主義は懐疑的に捉えられているが,希哲社はここまで徹底的に傲慢にやってきたのだから,デライトでくらい,用者ユーザー)に徹底的に寄り添う,という姿勢でいいのではないかとも思う。

=}{*}

=}{*}

昨日は天から小さな宝箱が降ってくるで目覚めたが,そういえば,今日の覚醒直前に見た夢もなんだか意味深だった。デライトを見せたら,妙に感動してくれた人がいて,こちらも感極まって泣いた,という夢だった。完全に今の私の願望を象徴している。正夢だといいな。

=}{*}

柔品(ソフトウェア)開発をなめていた,といえばそうだ。デライトをここまで持ってくるのにさえ,自分が思っていたよりはるかに時間がかかった。

=}{*}

デライト,もう後は本当にどこで自分が納得出来るかだな。

=}{*}

=}{*}

デライトも,世の中の大多数の人にとって自然に使えて,一部の人には簡単そうに見えて,実は誰にも真似出来ない技術に支えられている,というところを狙うべきなのだろう。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha