デライト

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲12年(2018年)
11月23日 16:59
下描き希哲12年(2018年)
11月23日 00:57
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

希哲12年11月23日,用語として正式採用。

デルンの機能を絞り込んだサービス。

情報の「輪郭」を組み合わせて記録する新感覚メモ。

「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

一覧

=}{*}

輪郭を扱うデライトを,輪郭指向 で書けているのは何だか感慨深い。

=}{*}

デライト成功が単にサービスのちょっとした成功,を意味するのではない,というのにはこういう理由がある。デライトの成功は知識産業革命の開始だ。

=}{*}

希哲館訳語,もはや質・量ともに圧倒的な蓄積があるが,デライト成功させないことには世に出すための十分な手間暇を割けない。 にせよ SLFS にせよ,デライトの背後にはエベレストのように積み上がった知的蓄積がある。

=}{*}

こうして毎日改善を積み重ねていて,いまだにデライト離立リリース)もままならないのは自分でも本当に不思議だ。知識産業革命なんて無茶苦茶な目標を掲げておいて,まださほど悲観的な状況にない,というのはそれだけ生産性を向上させ続けてきたからだと言えなくもないが。

=}{*}

デライトが落ち着いたら,私も 論組(プログラミング)入門を書くつもりでいる」というさっきの言葉死亡フラグのように思えてくる。

=}{*}

何が辛いって,毎日のように は洗練されていくし,それに伴ってデライトも間違いなく進歩しているのだが,その疾走感にもかかわらずゴールが見えないことだ。歩みが遅いわけではない。むしろこの上なく速い。でも離立リリース)には届かない。釈迦の掌から抜け出せない孫悟空のようだ。

=}{*}

デライトが落ち着いたら,私も 論組(プログラミング)入門を書くつもりでいる。初心者でも系統立てて高度な論組の概念を理解出来るようにする。

=}{*}

3年前,英米政治危機(ブレグジット・トランプ当選)を受けインターネットによる衆愚政治を「暗愚の枢軸」とし,その拡がりをインターネット改革で討つという構想が急速に出来上がった。デライトは,その最初の成果ということになる。

=}{*}

デライト成功は,私にとって「暗愚の枢軸」(Axis of Dark)への勝利なのかもしれない。

=}{*}

デルンデライトAPI である KNEST(knower easy state transfer),計らずも着々と無頭(ヘッドレス)CMS になってきている。

=}{*}

デライト開発言語 では,予約語 as を使って連想(association)関係を表すことが出来るのだが,昨日,演算子多重定義のように両辺ので挙動を変える方法を思いついた。例えば,SQLINSERT 文をこんな感じで構築出来る。

=}{*}

一昨日,「これ(技術的完済)が1ヶ月早ければ,デライトはすでに世界を獲っていただろう……。」とツイストしているが,その1ヶ月を手に入れたことになる。

=}{*}

来月も開発に専念出来るというかするしかない状況なので,大晦日までには何とかデライト正式離立リリース)を実現して,技術的完済technical payoff )を達成したデライトをどこまで改良出来るか。

=}{*}

デライトは,史上最も神経質な男が作り上げたサービスになるかもしれない……。

=}{*}

概念函数なり類型クラス)なりにまとめて,それらを協調させていく。思考を作るような仕事。デライトのようなものは,ただ交度コード)を羅列していけば作れるものではない。

=}{*}

これが1ヶ月早ければ,デライトはすでに世界を獲っていただろう……。

=}{*}

デライト開発,信じられないような速度で進んでいるが……それだけに,私はいままでデライトという製品を何だと思っていたのか,という感じだな。

=}{*}

例えば,デライト1週間前に離立リリース)していただけでも持たないと思う。というか技術的完済technical payoff )を達成したのがつい昨日のことで,もう数日も猶予が無いので,昨日から希哲社財政的破綻するまでの僅かな隙間にしか成功可能性が無いということになる。

=}{*}

を見ると,デライトを吸われたようにやつれている。

=}{*}

それでも,日に日にデライト完成に近付いていると実感出来ることだけで奇跡のようなものかもしれない。それだけが持ち辺モチベーション)。

=}{*}

私自身が,デルンデライト柔品ソフトウェア)としての複雑性過小評価していたのは否定出来ない。その気になればすぐ片付くだろうと思っていた既存交度コード)が長いこと複雑なこと……。

=}{*}

しかし,つくづく思うのは,柔品(ソフトウェア)開発複雑性を見積もることの難しさ。半年以上前に私は「デライトはもう完成したようなもの」と感じていたが,この半年の技術改良は誇張抜きで10年分の価値があると思う。それでもまだ厳しい。あの時私は何を根拠にそんなことを思っていたのか……。

=}{*}

ここまで来ると,デライトより を売った方がいいんじゃないかという気もするが,まずはデライトしかない。デライトが成功してくれれば,自然と Cμ にも光が当たるだろうが,まず論組(プログラミング)言語収益源にする道程が厳し過ぎるし。

=}{*}

つまり,今後5日間デライト成功させうる運命が開く時期だということだ。早過ぎず,遅過ぎず……そこを過ぎたら永遠に閉ざされるかもしれない。

=}{*}

デライト,雑に離立リリース)するのも何か違う気がするし,かといって完璧にこだわっていたらキリがないし,こんなにサービス離立というのが歯痒いものだとは思わなかった。

=}{*}

逆に言うと,ここまで極めてしまった独自性を世に出せる手段がデライトしかない。だから必死にならざるをえない。

=}{*}

デライト成功,というのは,私にとって単に「開発したサービスの成功」を意味するのではない。この 希哲館訳語がほんの小さな部分に過ぎないくらいの希哲館事業膨大蓄積が,堰を切ったように世界に流出するということを意味している。異世界への扉を開こうとしているわけだ。

=}{*}

振り返ってみると,私は Linux From Scratch を改良して SLFS(セルフス)なんて応司(OS)を作ってしまったし,その上で C++ を改良して を作り,その上でデライトを開発しているわけだ。それ以前は Slackware を長年使っていた。とにかく見通しを良くして,何でも自分で組み立てたくなってしまう。

=}{*}

そもそもデライトCMS であるデルン自体が7年前に実用化したもので,交度コード)も部分によってかなり年齢差があった。特に最初期に実装した中核部分は,当時の私の経験不足もあって「動くがごちゃごちゃ」という状態にあった。これに拡張を重ねていけば,まず間違いなく技術的負債に潰されるという直感的な判断で,理腑リファクタリング)に時間を割くことになった。

=}{*}

というわけで,デライト成功のため,身命を賭して頑張ります。

=}{*}

デライトは,まさに「金が無い GAFAM」が開発しているようなサービスだ……。

=}{}

後縁バックエンド)はもちろん,前縁フロントエンド)もここまで完成されていてサービスって離立リリース)出来ないものかね。※デライトは前縁も νS という独自 altJSAejs という独自ライブラリで構成されている

=}{*}

デルンデライトの基礎となる識別子知番」(knumber)の実装を刷新しつつ,理腑リファクタリング)をするという,なかなか心臓に悪い作業をした。やはり,デライト正式離立リリース)は遅らせて正解だったと思う。離立出来てもまともに保守出来そうにない状態だった。

=}{*}

しかし,これだけ圧倒的な 記述性を持ってしても離立リリース)に至らないのがデライトである。

=}{*}

ただ,デライト品質もこの一週間で目覚しく進歩している。結局,私がやるべきことは,最高柔品ソフトウェア)を一刻も早く世に出すことだけで,拙速にいい加減なものを出すか,悠長に理想を追うか,なんて選択肢は無かった。

=}{*}

さっき,当面,デライトにあえて描出非公開機能を載せない方針を決めた。デライトは「なんでもメモ」の性質上,普通のサービスよりも個人情報蓄積しやすいが,当然ながら個人情報を十分に保護出来るような体制では始められない,というジレンマがあった。そもそも非公開に出来なければそこまで繊細な情報は集まらないだろう。

=}{*}

デライトは,単純なサービスに努力して見せかけてはいるが,その実,世界で一番体系的柔品(ソフトウェア)開発の一環なので,課題も芋蔓式になってしまう。

=}{*}

昨日も,デライト正式離立リリース)予定日だというのに私が何をしていたかというと,C++ を基礎にした虎哲の主要開発言語)のライブラリ整理をしていた。DGDBI という,輪郭法RDB の橋渡しをする部分で,今後のデルンデライトにも大きく関わってくる部分なのでどうしても離れられなかった。

=}{*}

現況を説明する前に,あらすじで時間が無くなってしまうな……。まあ要は,無茶苦茶膨大な背景があってデライトはその先鋒にある望事プロジェクト)なので,あれこれ整理しているとどうしても時間がかってしまう,ということだ。

=}{*}

虎哲開発は当然応司(OS)開発も含んでいるので,私はそれを見据えた論組(プログラミング)言語応司の開発まで行い,それを基礎にデルンデライト開発を行っている,ということになる。

=}{*}

簡単に整理すると,まず勘報機コンピューター)を基礎にした「知機」という全く新しい機械を作ろう,という望事プロジェクト)があり,その実装として虎哲がある。虎哲開発の足がかりとして,知機の中核理論である輪郭法ブログ感覚で使えるようにしようとデルンが生まれ,さらにそれを SNS 感覚で誰も気軽に使えるように,とデライトが生まれた。

=}{*}

そもそもデライト(Delite)は,デルン(deln)のライト(簡易)版サービスとして開発が始まったが,そのデルンブログウィキに相当するもので,両者の関係はブログBloggerウィキWikipedia のような関係だと思ってもらえばいい。

=}{*}

18時から,3日デライト正式離立リリース)に向けての作業を再開するが,現況説明・宣伝・頭の中の整理など色々兼ねて,滅多に語らないデルンデライトまわりの技術的解説でも軽くするか。

=}{}

これも私の完璧主義というか無駄に神経質なところで,12月1日というキリの良い離立リリース)出来ないのが悔しさとしては一番大きい。申し訳無さとしては,自分で思っていた以上にデライトに期待してくれている人がいて,これまでになく責任感が芽生えたりした。黙殺されてるものだという前提で長年やってきたので……。

=}{}

サービス離立(リリース)予定日ライブラリの整理をしていると,いくら有意義でも少し不安になる。とはいえ,デライトがこの早さで離立目前に漕ぎつけたのは,そういう「急がば回れ」のおかげとも言えるので,判断が難しい。

=}{*}

寄り道といえば,デライト哲学体系の構築に始まり,論組(プログラミング)言語開発( 等),応司(OS)開発SLFS),それからやっと相振りアプリ)へ,と来ているわけで,世界で一番寄り道した望事プロジェクト)なのは間違いない。

=}{*}

私がなぜデライトにこれだけ心血を注いでいるのかといえば,インターネットのあり方,いや情報のあり方を根底から変えうるデルンが,誰にでも簡単に使えるようになるというサービスだから。「知識産業革命」というのは冗談でも放言でもない。

=}{}

ちなみに今のツートデルンデライト)上でどう見えてるかというと,こういう感じになっている(これを「ツイスト」と呼んでいる)。私はインターネットで何かを書く時,ほとんどデルンを経由しているので,全ての表現ニューラル・ウェブを育てている。

=}{*}

ただ,私のように,デライトが最高の情報整理通類ツール)だ,と思える人間というのは,尋常ではない,人知を越えた情報を扱おうとしている人間だ。つまり,ほとんどの人にとってオーバースペックと感じられてしまう問題もある。

=}{*}

デライトの一つの強みは,ある程度の実用性担保されているということ。私は7年前にデルン(デライトの原型)の実用化に成功して,それ以来他の情報整理通類(ツール)は使えなくなっているので,ある種の人間にはこれ以上ないものになっている。あとは,これをどう伝えられるか。

=}{*}

いまの月庭,やたら下線が多くて見にくいな。もともとデルンが異常に輪結リンク)出来る司組システム)だから,というのもあるのだが,もうちょっと良い見せ方を考えたい。今デライトに合わせて装体スタイル)を調整しているところなのでちょっと辛抱してほしい。

=}{*}

昨日も書いたが,デライトはずるずる延期しているうちにそれなりの形になってしまったので,正式な形で離立リリース)することにした。

=}{*}

大袈裟でなく,デライトが開拓している知能増幅技術という分野でいま希哲社に追いつける企業は無いと思う。もちろん,GAFAM も含めて。というか,道程を知ってしまうとやる気にすらならない。

=}{*}

配信はともかく受信はどうするとか,まだ課題が無いわけではないが,デライトは近いうちに連合界fediverse)の一員になりそうだ。

=}{*}

デライトでは,輪郭の脇に配信ボタンを付けて,ActivityPub描写(内容)を配信出来るようにする,ということを考えていたのだが,あらゆる種類の情報をまとめて扱うデルンの性質上,誤送信等の問題が大きくなる懸念があった。

=}{*}

私はデライトを「世界で最も美しい柔品ソフトウェア)」として成功させるために完成度に拘っているが,それは悪しき完璧主義と隣り合わせであり,実際に公開延期を繰り返している。私が「完璧な柔品」を完成させた時,それが市場で受け入れられる保証は何もない。

=}{*}

最初からそういうつもりではなかったのだが,デライトは「柔品(ソフトウェア)の iPhone」とでもいうべきものを目指しているのではないか,と思うことがある。無駄なく洗練され,誰でも使えて,有用性核心に陣取るような製品,という意味で。ただ,iPhone は結果的に成功したが,この手の製品開発は基本的にリスクが大きい。そもそも,「美しい柔品」なんて過去に成功した試しがない。

=}{}

デライト手定め(テスト)を兼ねて描出デルンにおける書き込み)をしだすと,ついつい時間を忘れてしまう。サービスにとって中毒性があるのは悪いことではないのだが……。

=}{*}

そりゃデライトも生まれるわな。私がどんなに無能でも,この環境なら。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha