デライト

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲12年(2018年)
11月23日 16:59
下描き希哲12年(2018年)
11月23日 00:57
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

希哲12年11月23日,用語として正式採用。

デルンの機能を絞り込んだサービス。

情報の「輪郭」を組み合わせて記録する新感覚メモ。

「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

一覧

=}{*}

簡単に(?)言えば,ザナドゥ計画WinFSデライトが討つ,ということだ。

=}{*}

残るデライト課題は,「伝える努力」だ。人間,自分が伝わっていると思っていることの半分も実際には伝わっていないものなので,過剰なくらい何度も,分かりやすく伝えないといけない。学術的技術的高度製品失敗する原因は,たいてい開発者一般人感覚差にある。

=}{*}

デライト希哲社GAFAM 以上の存在にする可能性がある,と念仏のように唱えてきたが,実際に出来上がると現実的にそんな気がしてくるな。

=}{*}

いや,でも,やっぱり信じよう。自分とみんなを。デライトは必ず成功するだろう。

=}{*}

デライトリチウムイオン電池に近いものを感じるが,面白いことに,成功するまでの時間もちょっと似ている。吉野さんは悪魔の川死の谷ダーウィンの海5年ずつ費したらしいのだが,デライトも5年,7年,と来ている。だがあと数年も持たないぞ……。

=}{*}

そうか,デライトはいまダーウィンの海に入ったところなんだな……。短いか長いかはさておき。

=}{*}

何度か言っているが,デライト強いのは,他に無いということと,効果実証されていること。私は元々情報整理系の通類ツール)をよく研究していて,その上でデルンを開発しているので,代替が無いことは保証出来るし,希哲館訳語のように,従来の通類では不可能だったことも出来ている。開発者にとってこの確信ほど得難いものはない。

=}{*}

見ての通り,私は自分知性以上に信じているものが無い人間だし,権威の一切を参考程度にしか捉えていないので,権威と序列で成り立っている世界の住人には忌み嫌われる人間だと思う。そんな人間がデライトという金棒を手にしているのだから,反発は当然想定の内。

=}{*}

デライト対睨ターゲット)は,学生かもしれない。デライトを使うと勉強が捗る,という噂が広まれば一気に普及するだろう。学者は意外と頭が堅い人が多いので分からない。

=}{*}

特に日本のように,利益の上がらない時期を莫大な投資で乗り越えさせる,という文化が無い国では,デライトの「文字列だけで面白い」って本当に強い。文字なら400字詰め原稿用紙1枚分の出与え(データ)量で,画像なら豆粒のようなアイコン程度しか表現出来ない。

=}{*}

デライトの主要な当努ToDo):新規登録開放,PWA 化,ツイストActivityPub 対応文書整備など。非公開描出(厳重な個人情報保護体制が必要)と画像(通信量・容量肥大)等への対応は経営上の問題が大きいので収益化成功してから,という感じ。

=}{*}

そして,ライト版デルンことデライトはその独創性難解を極めるデルンを,今時の軽常カジュアル)な相振りアプリ)にしてみせた。私が「希哲社GAFAM を越える可能性を持つ唯一の日本企業」と語る時,多くの人は世迷い言だと思っただろうが,デライトを見てそう思わない業界人には才能が無い。

=}{*}

長い間,私は一人デルンを使いながら,意味符号化だ,全知検索だ,頭脳配信ブレイン ストリーミング)だ,神経画表ニューラル グラフ)だ,とはしゃいでいた。傍から見たら「何言ってんだこいつ」という感じだったと思うのだが,デライト公開された今,これらが全く自然概念だったことに驚くだろう。

=}{*}

さっき寝床で,予想以上に諸場モバイル)でのデライト表示が崩れていることに気付いたので,その修正から作業を再開することにした。もともとデルン個人機PC)でを並べて操作するものだったため諸場は後回しにしていたのだが,流石に閲覧ぐらいはまともに出来ないとみっともない

=}{*}

ちなみに,希哲館訳語やその他私の用語の類はデライトで簡単に検索出来る。私がどういう風に膨大な用語管理しているか分かるはずだ。

=}{*}

デライト,すぐに試せるので「全知検索」の面白さは知ってほしい。検索語を自分で繋げていくことが出来る全く新しい検索演心エンジン)になっている。

=}{*}

デライト最大の長所は,どんなに雑多情報があっても重要情報が埋もれない,というところ。不要な情報はあえて削除しなくても勝手に沈んでいく。思いつくままに描くのが良い。

=}{*}

匿名描出デライトにおける匿名投稿のこと)では今のところ再編集禁止している。匿名描出は匿名で自由に再編集出来るようにするか少し迷ったのだが,どう考えても混乱するような気がする。

=}{*}

とはいえ,私もマイクロブログを初めて見た時,いまいちどこが便利でどこが面白いのかピンと来なかったので,デライト普及させるにも覚悟が要る。

=}{*}

デライトを使ってみればその意味が分かると思うが,デルン上で情報を探索することを「(輪郭を)くぐる」という。言うのも野暮だが,「ググる」のもじり。全く新しい検索体験が出来る。

=}{*}

例えば最近よく紹介している希哲館訳語。あれだけの翻訳語を次から次に生み出せるのはなぜか,というと,デルンがあったから。これまで生身の人間には不可能だった知的作業可能になる。ライト版デルンことデライトには,その力を万人に届ける可能性がある。

=}{*}

まあ,あとは,デライトを見て,その可能性の大きさに気付いてくれる人が世の中にどれだけいるか。こればかりは完全に未知数

=}{*}

ちなみに今のツイストは,デライト上ではこう見えている。私はいつもこういう環境でマイクロブログ風のことをしているわけだ。

https://dlt.kitetu.com/?fg=KNo.F85E/A-5B28-401D

=}{*}

デライトは登録せず匿名掲示板的に使える機能も想定していたのだが,実現はもう少し先になると思っていた。後縁バックエンド)の整理で意外に早く実現出来そうなのと,匿名性以上に試してもらいやすいということが重要なので公開を急ぐ。

=}{*}

デライト,この2ヶ月延期後縁バックエンド)は理想的な状態に整理出来たものの,手が回らなかった前縁フロントエンド)の品質が想定水準に達していないため,本日中にも「手定め離立」(テストリリース)という形で公開する(かも)。登録不要で試用出来る実質的な公開 β

=}{*}

デライトはいまさっき後縁バックエンド)の大きな課題が片付いたところ。今のところ離立リリース)目標は2月1日。しかし,これでまだ延期2ヶ月か……信じられないほど長く感じるな。

=}{*}

=}{*}

来月までにデライトをなにがなんでも成功させなければ死ぬ身体になってしまった。

=}{*}

でもまあ,自分が先頭を走って開拓してきたはずのことを,知ってか知らずか大資本(?)に突然割り込まれ,それが大人気となれば,そりゃ悔しいと思う。私でいえば,デライトがそれに当たるが,これは技術なので模倣は至難の業。表現の場合は開拓すること自体に意味があるので,「模倣されるくらいなら大したことない」とも言えない。

=}{*}

そうだ,献典コンテンツ)もあった。これだけのものを揃え,日本の知識産業命運をかけた大勝負。それが私にとってのデライトだ。

=}{*}

デライトには独創性があり,発展性があり,理論があり,技術があり,徹案デザイン)があり,機運がある。ただ離立リリース)だけが無かった。日本の情技(IT)産業最終兵器は無事に打ち上げられるのか?

=}{*}

デライトなら,これまで人類には扱えなかった量の知識も,まるでが無限に拡張されたように扱えます。あなたも知識産業革命体験してみませんか?近日サービス公開!

=}{*}

現状ではあまり心配していないが,デライトを公開してデルンGAFA に本気で後追いされたらどうなるか,という試象シミュレーション)はしておきたい。

=}{*}

私は日本人らしくないかもしれないが,日本人には大恩がある。命を賭して日本再興のためにデライト成功させる。その可能性が,万に一つくらいだとしても。

=}{*}

……つまり,デライト成否で全てが決する。日本人日本語で考え,自ら開発した論組(プログラミング)言語で,世界初の実用的な知能増幅(IA)技術を世に出す……これが失敗した後,同じような望事プロジェクト)が再び日本から出てくることを想像出来るだろうか。

=}{*}

希哲館訳語に負けず劣らず,希哲館の「言語改革」を支える豊富蓄積を持つが,やはりデライト成功しないことには世に出せないものの一つ。

=}{*}

日本語カタカナ依存症危機感を持ち,翻訳語整備関心を抱く日本人は,私の感覚では1万人いるかどうか。決していないわけではないが,決して十分でもない。1万人の関心事を1億人の関心事にするにはと考えた時,やはりになるのはデライトとの相乗効果

=}{*}

希哲館事業というのは,知識産業革命,その名の通り知識産業大革新を起こし世界を塗り替えることを目標に長年研究を重ねてきたが,それを実現する方法はこれしかないというのが結論。大袈裟なようだが,「世界命運デライトにかかっている」というのは大真面目にそう思っている。

=}{*}

結局のところ,言葉普及させるためには何らかの権威必要で,ただそこに言葉を置いておくだけでは,どんなに質が高かろうと素通りされてしまう。その言葉を使った大きな成果を示すことが出来てはじめて注目してもらえる。私にとってはそれがデライト

=}{*}

希哲館訳語はいまともに「日本語史上最大の翻訳語体系」と謳えるほどの蓄積があるが,これでも単体の献典コンテンツ)としては正直弱い。そういう意味ではデライト最優先してきたのは大正解だと思っている。でなければ死んでいた。

=}{*}

デライトは,私がこの世の何よりも追い求めてきたもの。心中出来るなら,それはそれで幸せなことかもしれない。

=}{*}

これは,悟空地球存続をかけた戦いわくわくしてしまうことと同じ日本知識産業がこのまま沈むか飛躍するか,全てがデライトにかかっている……。

=}{*}

しかし,技術的完済technical payoff)を達成しただけあって,デライト交度は非常に見通しが良い。後縁バックエンド)の不具合はほぼ無くなり,十二分に速い新規性抜群のデライトがこの状態で離立リリース)出来たらやっぱり奇跡的かもしれない。

=}{*}

私はこれで,自分が何を作っていたのかようやく理解するのだろう。

=}{*}

輪郭を扱うデライトを,輪郭指向 で書けているのは何だか感慨深い。

=}{*}

デライト成功が単にサービスのちょっとした成功,を意味するのではない,というのにはこういう理由がある。デライトの成功は知識産業革命の開始だ。

=}{*}

希哲館訳語,もはや質・量ともに圧倒的な蓄積があるが,デライト成功させないことには世に出すための十分な手間暇を割けない。 にせよ SLFS にせよ,デライトの背後にはエベレストのように積み上がった知的蓄積がある。

=}{*}

こうして毎日改善を積み重ねていて,いまだにデライト離立リリース)もままならないのは自分でも本当に不思議だ。知識産業革命なんて無茶苦茶な目標を掲げておいて,まださほど悲観的な状況にない,というのはそれだけ生産性を向上させ続けてきたからだと言えなくもないが。

=}{*}

デライトが落ち着いたら,私も 論組(プログラミング)入門を書くつもりでいる」というさっきの言葉死亡フラグのように思えてくる。

=}{*}

何が辛いって,毎日のように は洗練されていくし,それに伴ってデライトも間違いなく進歩しているのだが,その疾走感にもかかわらずゴールが見えないことだ。歩みが遅いわけではない。むしろこの上なく速い。でも離立リリース)には届かない。釈迦の掌から抜け出せない孫悟空のようだ。

=}{*}

デライトが落ち着いたら,私も 論組(プログラミング)入門を書くつもりでいる。初心者でも系統立てて高度な論組の概念を理解出来るようにする。

=}{*}

3年前,英米政治危機(ブレグジット・トランプ当選)を受けインターネットによる衆愚政治を「暗愚の枢軸」とし,その拡がりをインターネット改革で討つという構想が急速に出来上がった。デライトは,その最初の成果ということになる。

=}{*}

デライト成功は,私にとって「暗愚の枢軸」(Axis of Dark)への勝利なのかもしれない。

=}{*}

デルンデライトAPI である KNEST(knower easy state transfer),計らずも着々と無頭(ヘッドレス)CMS になってきている。

=}{*}

デライト開発言語 では,予約語 as を使って連想(association)関係を表すことが出来るのだが,昨日,演算子多重定義のように両辺ので挙動を変える方法を思いついた。例えば,SQLINSERT 文をこんな感じで構築出来る。

=}{*}

一昨日,「これ(技術的完済)が1ヶ月早ければ,デライトはすでに世界を獲っていただろう……。」とツイストしているが,その1ヶ月を手に入れたことになる。

=}{*}

来月も開発に専念出来るというかするしかない状況なので,大晦日までには何とかデライト正式離立リリース)を実現して,技術的完済technical payoff )を達成したデライトをどこまで改良出来るか。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha