ジパング計画

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲13年(2019年)
05月13日 11:47
下描き希哲11年(2017年)
10月18日 00:29
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

Project Zipangu

希哲11年10月18日ザナドゥ計画に対し,デルンを中核にした体系的技術開発により「現代の壁」を突破する計画を「ジパング計画」と呼ぶことにした。これ以前から「ジパング」という語は使い始めていたが,より明確な定義と目標を与えた。仮にこの時点でジパング計画発足としておく。

考案当初,σ計画に対する位置付けは明確ではなかったが,希哲11年10月24日σ計画を世界的観点に普遍化し,日本の特性を活かしたジパング計画をその副計画として位置付けることにした。

希哲13年5月12日希哲日本における政策体系を兼ねることにした。

マルコ・ポーロが『東方見聞録』を著したのは奇しくも鎌倉時代である。

一覧

=}{*}

もっと簡単に言おう。日本は一点の曇りもなく中国を追い抜き返し,アメリカを越え,世界唯一の極大国ハイパーパワー)を目指すべきだ。そして自主憲法を打ち立て,米軍を引き上げさせ,新国際秩序の形成を主導する。私にはその策がある。それを「ジパング計画」と呼ぶ。

=}{*}

なぜ私が日本再興計画「ジパング計画」において知識産業革命の実現を最優先事項としているのかといえば,そういうことだ。

=}{*}

最近のデルン開発で,「黄金循環」とでもいうべき究極の好循環が生まれている。全知検索を作業の中心に据えることで,情報発信情報蓄積開発一体化し,相乗効果を生んでいる。これがジパング計画の真の金脈ならいいが……。

=}{*}

それを「現実主義」と呼ぶ人は,それが日本弱さという現実であることからは目を背けがち。日本をもっと強い国にして,弱きを助け強きを挫く余裕のある日本人になりたいと思う。

=}{*}

ただ,日本語の潜在能力は高いので,翻訳技法なども含めしっかり体系化すれば,世界で最も高機能な言語になる。日本知識産業革命を起こすなら,これは避けて通れない。

=}{*}

=}{*}

これは冗談ではないというのが希哲館事業の恐しいところ。思想では既に世界で初めて新現代思想を確立しているし,技術では世界で初めてデルンを実用化しているし,それを融合してジパング計画から新国際秩序の確立まで構想は完成してしまっている。

=}{*}

=}{*}

革新的な情報技術の開発によって日本を「知の黄金郷」にする……そんな計画に相応しい名前はこれしかなかった。ジパング計画って,言ってるだけでなんか楽しいもん。

=}{*}

この「ジパング計画」という言葉,物凄く気に入っているのだが,もともとはテッド・ネルソンザナドゥ計画を凌ぐデルンを中核とした開発計画として,ザナドゥ上都)と同じ『東方見聞録』にちなむジパング(伝説上の日本)に着目したものだった。

=}{*}

日本米中に勝つ方法はただ一つ。「量より質」の産業革新を断行し,知識産業革命を実現することだ。それを「ジパング計画」と呼ぶ。

=}{*}

知機による知識産業革命を実現し,ジパング計画日本を世界史上最大の極大国ハイパーパワー)へと導き,希哲民主主義に基く新世界秩序の構築を主導する……そんな幻のようなが,わずか数年で向こうから迫ってくるとは。

=}{*}

=}{*}

知機ジパング計画を可能にした。ジパング計画で日本再興どころか,日本史上初めて,世界の中心になるだろう。中華ならぬ「中和」の世がおとずれる。

=}{*}

少なくとも,自分が目指している方向では自分が一番先頭を走っている,と思えていなければ「天下を取る」と言っても自分を騙しているに過ぎない。私は少なくとも希哲館事業の進路で先を行く者を知らないから,何の迷いもなく世界の頂点を取って日本を世界史上最大の極大国に導けると言っている。

=}{*}

希哲館事業が世界史上最大にして最高の事業構想であると言えるのは,西洋最大の古典と現代最強の知識産業,そして東洋文化を結び付け,ジパング計画による希哲日本という国家模体(モデル)まで用意したからだ。

=}{*}

そういえば,ジパング計画が成功したら日本円米ドルに代わって基軸通貨になるのか……これは楽しみだな。

=}{*}

希哲館事業サブセットとして,日本を世界史上最大の極大国(ハイパーパワー)に成長させようという「ジパング計画」があるわけだ。

=}{*}

ここに日本未来がある。ジパング計画で日本は知識産業革命へ,そして世界史上最大の極大国(ハイパーパワー)へと突き進む。

=}{*}

日本を世界史上最大の極大国(ハイパーパワー)へと導く計画を「ジパング計画」と呼ぶ。

=}{*}

大衆の無知と欲望を利用する暗愚の枢軸と,それに飲み込まれつつある日本。そこに希哲館ジパング計画を引っ提げて現れ,日本極大国(ハイパーパワー)化を実現,希哲民主主義を世界に広める。筋書はもう完璧に出来上がってしまった。

=}{*}

トランプ政権を中心とする「暗愚の枢軸」との闘いも,小さくはないが,ある程度見通せるようになってしまったので以前ほどの危機感はない。米中が疲弊した頃に希哲日本ジパング計画で世界の頂点に躍り出るだろう。

=}{*}

ジパング計画」ってやっぱりいいな。日本極大国(ハイパーパワー)へ,という計画にこれほど相応しい名称はない。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha