希哲13年1月8日

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲13年(2019年)
01月08日 17:55
下描き希哲13年(2019年)
01月08日 01:40
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

年が明けてから一週間,今後の希哲館事業の方針について整理も出来たところで,1月2月の具体的な目標と計画を定めたい。

1月の目標は言うまでもなくデライトの離立だ。

また,現状のままで無理なく資金が持つのは2月までであるため,この間に希哲館経営を収益面でも軌道に乗せる必要がある。これを「希哲館事業乗軌化」として2月の目標にする。

獲句の暫定英訳

デライト獲句,「なんでもメモ」と「デライトは、なんでも記憶できる魔法のメモ帳です。」の暫定英訳が〈Everything memo〉〈Delite is your magic memo pad that can memorize everything.〉に決まった。

一覧

=}{*}

今日も革命だった……。というか一日の間にいろいろあり過ぎてもうよく分からん。

=}{*}

考えてみれば,「デライト」自体は英語の造語だし,獲句(キャッチコピー)の英訳が出来たということは英語版の体裁はすぐにでも整うな。

=}{*}

しかし,私は本当に挑戦機会に恵まれていると思う。世界の頂点を狙える分野で唯一無二の技術を持ち,健康で,時間も辛うじてある,というだけで世界で一番恵まれている気がする。

=}{*}

しかし,〈Delite〉と並べてどちらがサービス名称なのか分からないから実際に採用するにはちょっと難がある。

=}{*}

デライトの短縮版獲句(キャッチコピー)「なんでもメモ」の英訳をしばらく考えていたのだが,これとは別に,Evernote にかけて造っていた〈everynote〉が割とぴったりでちょっと笑った。ただ怒られそうだな。

=}{睡眠記録}

=}{希哲13年7月18日分の睡眠}{希哲13年7月17日分の睡眠}{希哲13年7月16日分の睡眠}{希哲13年7月15日分の睡眠}{希哲13年7月14日分の睡眠}{希哲13年7月12日分の睡眠}{希哲13年7月10日分の睡眠}{希哲13年7月11日分の睡眠}{希哲13年7月8日分の睡眠}{希哲13年7月7日分の睡眠}{希哲13年7月6日分の睡眠}{希哲13年7月5日分の睡眠}{希哲13年7月4日分の睡眠}{希哲13年7月3日分の睡眠}{希哲13年6月30日分の睡眠}{希哲13年6月27日分の睡眠}{希哲13年6月26日分の睡眠}{希哲13年6月25日分の睡眠}{希哲13年6月24日分の睡眠}{希哲13年6月23日分の睡眠}{希哲13年6月22日分の睡眠}{希哲13年6月21日分の睡眠}{希哲13年6月20日分の睡眠}{希哲13年6月19日分の睡眠}{希哲13年6月18日分の睡眠}{希哲13年6月17日分の睡眠}{希哲13年6月16日分の睡眠}{希哲13年6月15日分の睡眠}{希哲13年6月14日分の睡眠}{希哲13年6月13日分の睡眠}{希哲13年6月12日分の睡眠}{希哲13年6月11日分の睡眠}{希哲13年6月10日分の睡眠}{希哲13年6月9日分の睡眠}{希哲13年6月8日分の睡眠}{希哲13年6月7日分の睡眠}{希哲13年6月6日分の睡眠}{希哲13年6月5日分の睡眠}{希哲13年6月4日分の睡眠}{希哲13年6月3日分の睡眠}{希哲13年6月2日分の睡眠}{希哲13年6月1日分の睡眠}{希哲13年5月31日分の睡眠}{希哲13年5月30日分の睡眠}{希哲13年5月29日分の睡眠}{希哲13年5月28日分の睡眠}{希哲13年5月27日分の睡眠}{希哲13年5月26日分の睡眠}{希哲13年5月24日分の睡眠}{希哲13年5月23日分の睡眠}

=}{*}

幸先が良いといえば,『時効警察』が復活するというのも嬉しい。

=}{*}

今年は何かと幸先が良いな。晴天続きなのも気持ちが良い。

=}{*}

いま「一選万集」という表現を思いついてしまいゾクっとした。

=}{*}

選択と集中」というのは本当に誤解されている概念で,「選択と集中は駄目だ」という議論のほとんどが「選択」の問題をなおざりにしている。「集中する価値のある選択」が出来なければ意味の無い戦略なのだから,リスクを伴うのは当たり前だ。何でも集中すれば良い結果が出る,という話ではない。

=}{*}

希哲館事業は,「選択と集中」を極限まで推し進めた,いわば「厳選と総集」型の事業だ。ありとあらゆる選択肢の中から唯一無二にして至上の道を選び出し,それにありとあらゆるものを注ぎ込む。

=}{*}

良い目的を見つけること。突き詰めれば重要なことはこれだけだ。

=}{*}

石の上にも三年」ではないが,継続にはそれ自体に一定の価値がある。利用価値はなくてもネタにはなったりする。問題は,その価値が最大化する場所がどこにあるかだ。希哲館事業はその答えを見つけた。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha