KNS

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲13年(2019年)
02月21日 21:25
下描き希哲11年(2017年)
08月27日 00:55
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

knowledge networking service

希哲11年8月27日,関連概念との使い分けが面倒になり使わなくなっていた Thoughtal Networking Service(THNX)の概念を復活。

希哲12年1月26日,「KNS」から「KNWS」へ改称。アクロニムとしては「ヌース」,英乱語風に「ノウズ」〈knows〉とも読め,より「」を連想させる字面になった。

希哲13年2月21日,より一般向けを意識したデライトに合わせて「KNS」に再改称した。字面的にも発音的にも SNS との関連性が分かりやすい。また,この一年で「KN」を利用した関連用語が充実してきたため,これだけで十分定問(テーマ)を表現出来ると判断した。

一覧

=}{*}

ここから抜け出すための仕組みとしてデルンを中核とした KNS(knowledge networking service)構想がある。

=}{*}

感情に訴えれば楽な世の中だからこそ,理性に訴え続ける人間が必要なのだと思う。

=}{*}

デルン上でブックマークが出来る技術も復活した。とりあえず,KNS の一要素として英語名は「ナレッジブックマーク」(KBM)としておく。日本語では「輪投げ」という表現を考えてみた。

=}{*}

希哲館事業に私がここまで自信を持っている理由の核心的な部分が,意外に伝わっていなかったことは反省する必要があるな。SNS から KNS(knowledge networking service)へ,という理論的技術的基礎を持っていることが,今後の世界秩序の形成を主導する鍵になる,ということは少なくとも理屈では完璧に説明できること。

=}{*}

むしろちょっと驚いたのは,Twitter政治に与えている影響に今更驚いている人が多いことだった。例えば私がこれまで「デルンによる KNS反知性主義を越えた希哲民主主義を実現しうる」と言っていたのは,デルンを利用したツイストが高度な情報蓄積を可能にするからだったのだが,世の中の認識がこれなら,いまいち反応が薄いわけだ。

=}{*}

Twitter というかマイクロブログってそういうもので,読み手に興味の無い話題,主義主張を見せればフォローを外されてしまうので,人気を得ようと思うとどうしても話題は限定的に,内容は類型的にならざるをえない。私が「そんな話興味ない」「こういう人だと思わなかった」という反応を恐れないのは,やはりデルンKNS に支えられているから。

=}{*}

SNSKNS の最大の違いは,関心の広さの違いかもしれない。SNS では,どうしても関心を狭くしないと「仲間」に受け入れてもらえないが,KNS ではいかに関心を広げて,世界のあらゆることを把握するか,ということに価値が生まれる。

=}{*}

これがどれくらい精神的に大きいかというと,フォロワー数1を100万に換算して「実質フォロワー数1億越え」と考えられるくらい大きい。私の態度の大きさの根拠はこれを踏まえて見ると分かりやすい。

=}{*}

見ての通り,私には基本的に月庭デルン)があるので,例えば Mastodon 捌き(サーバー)が潰れようと大した問題ではないし,SNS ウケを狙わなくても月庭に情報を蓄積出来て月庭に握接(アクセス)が集まっていれば良い,という考え方が出来る。私にとってはずっとこれが日常だったのだが,実は凄く大きなことなのだと最近気付いた。

=}{*}

=}{*}

こういう,「理性よりも感情に訴える言説」が優位になってしまう仕組みを変えないといけない,というのが KNS(knowledge networking service )の問題意識だ。

=}{*}

今の世界ではインターネット政治にも多大な影響を与えるわけだが,SNS では知性理性より感情が先立ってしまうので,このままでは衆愚政治の蔓延は避けられない。そこでインターネットに知性を,という課題がある。

=}{*}

というのは情報有機性のことなので,これがそのまま「インターネット知性を与える」希哲館の使命となる。

=}{*}

デルンはすでにウィキのようにもブログのようにも使えるし,FacebookTwitter のようにも使える。これを拡張し続けて,全ての出与え(データ)を有機的なものにする。昔からビッグデータよりもライブ(生きた)データと言っているのはこういうことだ。

=}{*}

SNS喧騒にかき消されない集積地ネット上に築き上げ,反知性主義から人類知を守護すること。それが希哲館の使命であり,デルンが可能にすることだ。

=}{*}

これが SNS から KNS(knowledge networking service)へ,という言葉の意味であり,多少の想像力があればインターネット文化を変え,社会を変える可能性を感じられるだろう。

=}{*}

顕示欲駆動SNS から,知識欲駆動KNS(knowledge networking service)への転換を果す。これは希哲館公約だ。

=}{*}

ああ,昔,KNS(knowledge networking service)のことを「知恵探求サービス」(WSS: wisdom seeking service)と呼んでいたのか。

=}{*}

希哲社ネットサービス構想は全体として「KNWS」(ヌース,knowledge networking service)と呼んできた。これは「SNS」(センス)に対するヌース(知性)という洒落でもあったのだが,多くの人には説明しても分かりにくいと思うので「KNS」に戻すことにした。デライト軽常(カジュアル)性を意識するようになってこういう部分も変わりつつある。

=}{*}

希哲館が提唱する「ソーシャル」から「ナレッジ」へ,というインターネット文化の転換を考える上で,ネットにおける「蓄積」(ストック)とは何か,という問題は避けて通れない。

=}{*}

これまで SNS に対抗した希哲館の「ナレッジ ネットワーキング サービス」を「KNS」と略していたのだが,「KNWS」と略して「ヌース」などと読ませることでより知的な語感になることを発見した。対 Twitter 戦略ツイストとともに,対 SNS 戦略の布陣も整ってきた。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha