古典

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲8年(2014年)
04月06日 21:34
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

希哲館訳語は,原語が表す概念理解に努め,原語を取り巻く状況を既存の翻訳語古典も含めて入念に調べ上げ,語感,他の翻訳語との整合性使い勝手……あらゆる面から検討を重ねて造られている。一つの翻訳語に定まるまでボツ案が数十語出ることも珍しくない。それを自分で率先して使う。そんな翻訳語が数百はある。控え目に言っても「日本語史上最大の翻訳語体系」と表現せざるをえない所以。

=}{*}

ちなみにこの「日本人神経質さは情技IT)に向かない」というのは私独自のではなく,ポール・グレアム『ハッカーと画家』で指摘していたのが2004年なので,もはや古典に近いもの。

=}{*}

どこかの論組プログラミング)の古典に似たような話が書いてあったのを昔読んで,強く共感した記憶がある。

=}{*}

実は7年前デルンの実用化に成功した頃,私は柔品(ソフトウェア)開発者としては完全なる独学我流で,獣の直感みたいな論組プログラミング)をしていた。その後,柔品開発の古典等を読み漁って経験と知識を合流させた。これは大きかったと思う。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha