長期的

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲11年(2017年)
02月09日 01:03
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

日本人情技IT)で大成しなかった理由の一つとして,「神経質過ぎて製品を世に出すのが遅い」ということがある。これは短期的欠点とは言えるだろうが,長期的にはまだ分からない。時間をかけてアメリカ人が作れないものを作れるかもしれないし。

=}{*}

=}{*}

だから,不具合非生産的な作業で延期している,というのとは違って,長期的有益なことをしているのは間違いない。ただ,目先の利益は捨て続けているわけで,単純に資金繰りの問題が深刻化している。いつ安全を取るべきか。まさにチキンレース

=}{*}

技術的完済」(technical payoff)というのは,要するに,希哲社開発長期的持続可能になった,ということなのだが,それと引き換えに目先の利益を捨てているわけで,「永遠の繁栄」の可能性と,早晩資金繰り破綻する可能性を同時に手に入れた,という面白い状況にある。

=}{*}

そうして理腑リファクタリング)を進めた結果,1週間前とは比べものにならないほど内部実装は整理され,洗練されたものになった。例えば10行かけて書いていた処理が1行になったり,あちこち分散していた類似交度コード)が一箇所に集約されたり,といったことだ。保守性性能向上に大きく寄与した。大袈裟でなく,この1週間の作業は長期的には3年以上の開発期間を節約したと思う。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha