コンピューティング・ルネサンス

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲10年(2016年)
04月20日 04:11
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

コンピューティング・ルネサンス」という概念重要性を強く確信していたにもかかわらず,それを日本語表現出来ないという悔しさ。この時,正直に言って私はこれまでの日本人怠慢に激しい憤りを覚えた。もちろん,今となってはみんな悪気があって放置していたわけではない,ということは分かるのだが。

=}{*}

希哲館事業が最初に目指したのが「コンピューティング・ルネサンス」(computing renaissance),つまり流行に左右されない枯れた技術を中心にコンピューティングに関する能法ノウハウ)を集成し,知識産業の新しいにしよう,ということだった。この時,日本語がこの分野についてほとんど何も語りえない言語であることに気付かざるをえなかった。希哲館訳語原点

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha