下線桁区切り

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲10年(2016年)
08月16日 19:28
下描き希哲10年(2016年)
08月16日 19:04
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

Cμ 標準規約(表示規約)において,数値有り体リテラル)の桁区切りを下線(underline)で表示すること。十進整数ならば,千,百万,十億……の桁に下線を付ける。

C++14 のように論組人が任意で区切り文字を入れる方式は,誤記が含まれる可能性や,読み手の文化の違いに対応出来ないという問題がある。表示規約として定めておくことで入力の手間を省き,区切り方は読み手の環境に任せることが出来る。下線は太字同様に原始的な表示機能であり,実装も容易である。

希哲10年8月16日考案・仮実装。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha