日本衰退

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲10年(2016年)
05月16日 16:08
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

でも,こういうことも含めて「機運」なのだろうな,と思う。ウェブ成熟PWA みたいなものも実用的になり,SNS情報発信を日常化すると同時に弊害認識されだし,日本衰退危機感最高潮デライトのような製品がようやく求められつつある時代。ここしかない。

=}{*}

そこから目を逸らすなら,あなた達は学校に行かない子供に言うところの「まともな大人」でもなんでもないぞ,とは言っておく。

=}{*}

学校に行くことは大切なことだ」と子供に教えるのは全く正しいことなのだが,その学校に行かされた自分達がなぜ日本の最悪の現状を招いたのかも反省する必要はあるだろう。

=}{*}

私がなぜ日本衰退という現象にここまで敏感なのかといえば,たぶん,不自由に敏感だからだ。弱くなるということは不自由になるということだ。だから私は日本極大国(ハイパーパワー)にすると盛んに言っている。でも,不自由に馴らされた日本人にはその意味が分かってないんじゃないか,と思うことがある。

=}{*}

日本経済が停滞し続けていて,その原因が情技(IT)産業の失敗にあるのは明らかだ。不思議なのは,日本人がその失敗を認識していれば当然すべきことを何もしていない,ということだ。

=}{*}

危機感というのは,本当に国が危機に陥いった時に持っても遅いものだ。日本衰退が分かっているなら,やはり今行動する人間が必要。

=}{*}

例えば中国GDP で抜かれたとか,GAFA への人材流出が起きているとか,実際には日本衰退を象徴する出来事は色々起きているのだが,それも破滅的な危機ではないので,多くの人は何が起きても「まだ大丈夫だろう」と思ってしまっている。

=}{*}

日本凄い」と日本の衰退が共にあったように,向上するには自信だけでなく批判精神が必要になる。「日本凄い」と「愛国」を結び付けてしまった人々は,「凄いから愛せる」というのが本当の愛情ではないことに気付いていなかった。「駄目な日本でも見捨てない」のが本当に国を愛しているということだったのに。

=}{*}

何十年も前から日本の危機的な状況というのは語られてきたが,それでも「日本凄い」にすがってしまうのは,やはり今の日本人がそれなりに恵まれているからだと思う。幕末戦後のように日本人が危機感を募らせ奮起する,ということは今の時代あまり期待出来ない。茹でガエルというか。

=}{*}

日本人は,客観的にみて「日本の情技(IT)業界は死んでいる」という現実を直視しなければならない。そしてそれは日本衰退に直結した問題であるということを強く認識する必要がある。そこではじめて希望に気付く。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha