謝罪

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲8年(2014年)
09月10日 02:39
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

普通に考えて,何か悪いことをした相手が「謝ったからもういいだろ?」と言い始めたら怒る。国家間の関係であっても,国民感情の問題である以上は当然同じ問題が起きる。戦争なんて数え切れない人間の一生を台無しにするようなことなわけで,その罪を認めて謝罪するということの重みを想像出来ていない人が多過ぎる。「謝罪謝罪でうんざりした」くらいのことで代償になるわけはない。

=}{*}

戦後日本の「謝罪」が根本的に歪んでいるなと思うのは,謝罪すると言いながら謝罪になっていないことを続けているから。だったら最初から謝罪する必要はない。何が悪い,と開き直ればいい。謝罪するなら誠心誠意謝罪する,しないならきっぱりしないと言う。これが出来ていないのはやはり日本人だからか。

=}{*}

よく,「日本戦争について永遠に謝罪し続けなければいけないのか?もういいだろ」という話があるが,そういう人にはさだまさし『償い』を聴かせたい。

=}{*}

最近,ついつい昔の事を振り返ったりすることが多かったのだが,自分が接してきた人間には感謝すべき人か謝罪すべき人しかいない,というのがちょっと嬉しかった。昔は,こんな人間が世に出たら憎しみに支配されてしまうのではないかと思っていた。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha