世界経済

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲8年(2014年)
09月30日 00:22
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

希哲社には GAFAM を越えるどころか,「知識産業革命」の担い手として世界経済を全く新しい次元に導く可能性がある,と考えられる理由が,このデライトにある。この「ライト版デルン」構想で,デルン革新性に伴う難解さを初めて克服することが出来た。

=}{*}

希哲館事業推定時価総額がなぜ3京円なのかというと,産業革命並みに世界経済を飛躍させる可能性があるとして,今の世界全体の GDP などから考えて1京円は下らないだろうという所から始まり,事業の状況によって変動させている。無茶苦茶なようで,私の実感には忠実に表現されている。

=}{*}

アジアの台頭」という現象は世界的に認識されるようになったが,もともと世界経済の中心は中国インドにあり,産業革命から一時的に欧米日本が台頭していたに過ぎない,という事実を踏まえないと全体像が見えてこない。

=}{*}

米中経済,ひいては世界経済を牽引しているのは紛れもなく情技(IT)産業であって,日本再興のためには日本の情技(IT)産業を飛躍させるしかない。そしてそれは可能なことだ。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha