時代

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲8年(2014年)
03月19日 20:53
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

まあ,こんな人間がこれまで何不自由なく暮らしてこれたのは,一重に時代環境のおかげなので,そこは感謝しかない。

=}{*}

でも,こういうことも含めて「機運」なのだろうな,と思う。ウェブ成熟PWA みたいなものも実用的になり,SNS情報発信を日常化すると同時に弊害認識されだし,日本衰退危機感最高潮デライトのような製品がようやく求められつつある時代。ここしかない。

=}{*}

希哲館事業というのは,世界が直面する課題に哲学から体系的なソリューションを提供する世界初の事業だが,私に言わせれば,これが初めてという方がおかしい。政治経済思想も明らかに行き詰まっている時代に……。

=}{*}

時代の百歩先を行った企業というのは確実に失敗するのだが,希哲社は百歩進んで九十九歩下がってきたので大丈夫。

=}{*}

とはいえ,私のように盤本(プラットフォーム)のみならず思想言語,(現実の)土地時代まで自分で作ろうという人間はアメリカ人にもほとんどいない。なぜならほとんどのアメリカ人よりも学校教育を受けていないからだ。

=}{平成時代}

=}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}

=}{*}

希哲館事業は,タイミング的には不気味なくらい時代に合い過ぎている。情技(IT)を最大限に活用出来る時代に輪郭法という最強の武器を引っ提げて発足し,GAFAM が経済を支配し日本はもうダメかといういま軌道に乗り始めた。ここで希哲館事業が失敗すれば日本は半永久的に飛躍の機会を失なうだろう。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha