驚異的

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲11年(2017年)
02月24日 15:23
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

ちなみにデライト独自応司(OS)上で前縁フロントエンド)も後縁バックエンド)も独自言語という開発環境で,ここまでの形にするのに事業発足からわずか12年。これだけの不確実要素を抱えて12年でこの精度というのは,それなりに驚異的なことかも。

=}{*}

ちなみに,Twitter でも宣伝を始めていて,こことは違って極力親しみやすいように差別化している。信じられるだろうか。これが「世界初の実用的な知能増幅(IA)技術」の驚異的擬態である。

https://twitter.com/Dlt_jp

=}{*}

上原直人さんの Blawn実用性独創性はともかく,驚異的なのは評価される成果物を最短で作り上げる「要領の良さ」だな,と思った。私に一番無いところなので,見習いたい。

=}{*}

ちなみにさっきの PostgreSQL の外充て(ストアド)函数も書いている。勘の鋭い人なら,その時点で驚異的開発環境であることが分かると思う。つまり,C をねじこめる所ならどこでも交度(コード)を共通化出来てしまう。

=}{*}

いま考えても,『メタルギアソリッド』はやはり驚異的遊画ビデオゲーム)だったと言わざるをえないし,その後の小島作品が多少過大評価されたり,逆に失望されたりするのも仕方ないかという気がする。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha