プログラミング

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲8年(2014年)
01月29日 23:59
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

一覧

=}{*}

typedef なんかは分かりやすいかもしれない。int と書いても結果は変わらないのになぜいちいち別名を付けるのか。これはかなり実践的な論組プログラミング)経験を積まないと分からない。

=}{*}

今の論組プログラミング)って,全く同じ交度コード)だとしても意図が違えばそれを区別することには意味がある,という考え方をする。これ,例えば1バイトでも削ることに腐心していた昔のゲーム開発とかでは考えられないことなんだろうな。

=}{*}

先日,論組プログラミング)におけるイベントを「事象」と訳したが,JavaScript における「イベントターゲット」ってどういうニュアンスなんだろう。最初,事象伝播の「ターゲットフェーズ」のイメージで「事象目標」と訳したが,使ってて微妙に違和感がある。

=}{*}

ここまで凝った訳語を考えておいてなんだが,論組プログラミング)におけるイベントは普通に「事象」でいいんじゃないか,という気がしてきた。余計な説明もいらないし,確率論での用例もあり,混同するほどこの分野で使われる言葉でもない。

=}{*}

=}{*}

論組プログラミング)における「イベント」という概念,微妙に訳すのが難しいなと思っていたのだが,「異変」と訳せないこともないな。

=}{*}

言い換えれば,論組プログラミング)においてはインターフェイスこそが本質なのであって,実装は後付けでいいということ。

=}{*}

美文晰文とでも言うべきか,美文家文章を書く上で「明晰」であることを心がける。これは論組プログラミング)でも同じで,森鴎外の「一に明晰,ニに明晰,三に明晰」という言葉はそのまま入門者の心構えとして教えても良いと思う。

=}{*}

コンピューティングを「勘報」,プログラミングを「論組」,ソフトウェアを「想品」,ハードウェアを「剛品」と書けるだけでどれだけ日本語技術文書がマシになるか。多分あまりの世界の違いに全日本が泣くと思う。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha