実装

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲7年(2013年)
11月07日 19:48
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

デライトには柔品ソフトウェア)としての革新性がある。高度な技術戦略もあり,デザインマーケティング上の達成度も高い。実装があり,実用され続けてきたという意味では所謂ベーパーウェアとも少し違う。まだ世に出せない,ただそれだけが問題だ。

=}{*}

しかし,デライト開発経験開発者として非常に大きいなと思う。企画理論構築設計実装手定め(テスト)・デザインマーケティング,全て一人でまとまったアプリを開発するという経験。ただ,これが労働市場でどう評価されるかというと……。

=}{*}

設計実装手定めテスト),デザインマーケティング運用……全部自分でやって12年でここまでか。実は驚異的な高効率だったんだろうな……。

=}{*}

私は極度の完璧主義者だが,柔品(ソフトウェア)開発の手法についてもそれなりに勉強しているので,「完成度」にこだわり過ぎることの危険性は知っている。そうではなくて,実際に世に出せる最低水準になかなか達しない。これは,既存の実装が落ちつく前に,思いついたアイデアを片っ端から詰め込んでしまう性格のせいだと思う。

=}{*}

最初はちょっとした JavaScript 交度(コード)の問題かと思ったのだが,そもそも Ctrl+A で駄目ってことは,ブラウザとしてそういう実装なのではという疑惑が……。

=}{*}

Aejs希哲社JavaScript ライブラリ)に Promises/A+ 風の実装を追加するのに熱中していたらこんな時間に……。というわけで一日一文は休み。

=}{*}

ところで,JavaScript事象イベント)伝播には探索(キャプチャリング)過程発泡(バブリング)過程という謎の仕様があるが,これは昔の NetscapeIE実装を統合したものらしい。今知った。

=}{*}

言い換えれば,論組プログラミング)においてはインターフェイスこそが本質なのであって,実装は後付けでいいということ。

=}{*}

希哲館訳語カタカナ依存症を治し,交度英語(Code English)で勘報上で扱う諸言語の語彙を統一し,実装する。今の希哲館でこれが出来ていることの意義はとてつもなく大きい。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha