アラン・ケイ

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲6年(2012年)
07月01日 18:21
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

アラン・ケイ(Alan Curtis Kay)は,アメリカ合衆国の計算機科学者である。パロアルト研究所に所属していた時,「オブジェクト指向」という概念や「ウィンドウ」による本格的な GUI を初めて構想した事で知られる。

一覧

=}{*}

そのアラン・ケイも似たようなことを指摘していたらしいが,率直に言って,現状の論組(プログラミング)言語は無駄に分散し過ぎているし,生産性という意味ではまだ改善の余地が大きいと思う。世に100億行の交度(コード)があるとして,ぎゅっと凝縮したら100万行に出来るかもしれない。

=}{*}

さっきなんとなくドナルド・クヌースアラン・ケイテッド・ネルソンの名前を並べたが,この三人,3歳程度の差で主な仕事も1960年代から始まっている。どうりで「勘報(コンピューティング)の半世紀」を考えた時に真っ先に連想する名前なわけだ。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha